FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

帰国してから丸一週間、距離にして300km、獲得標高2,000mといったところ。
一日に走れる距離は100kmで600mが最長といったところ。

湯治のたびとしては、都民の森手前の数馬温泉までは何とかたどり着いたが、手前でごろごろと低く雷鳴が響く。
マサイマラかどこかでサファリ中に遭遇したアフリカ象を発見するも、近づきすぎたためか「パオーォーン」と威嚇されたときの恐怖感と似たものを感じたため、急いで駆け下るも途中で時間雨量40mmほどもありそうな猛烈な雨。
運よく、直前に採石場事務所の軒先を借りて何を逃れたが、吹き込む雨風に震えながら1時間ほど待ちぼうけ。

翌金曜日は、ニコニコレンタカーでVITZをチャータし、後部座席に自転車2台積み込み、奥様と八ヶ岳でサイクリング。
アースライド系のイベントコースをパクらせてもらったが、アップダウンが激しく奥様には厳しすぎたし、私も昨日の数馬温泉の疲れで脚が重い。。。
それでも、いっぴん工房とかいう、素敵な家具屋さんに立ち寄れたり、露天で完熟トマトを格安でゲットしたりとさわやかな高原リゾートを少し味わえた楽しいサイクリングでした。

その晩は松本まで脚を伸ばしてエースイン松本で宿泊。
1泊朝食付き6300円/2人とお安い上、ホテル翔峰(美ヶ原温泉)という立派な旅館の大浴場の無料券付き。
そして、この大浴場がよかった。
何が良いかというと深さと温度。
ぬるめで40度と記載があったが、多分それより若干低めと思われ長湯が出来る。
されに露天風呂の奥には、浅瀬があり横になるには最高!!
体がはみ出るほど浅くなく、沈むほど深くない。
程よい水温度とあいまってまさにウォーターベッド気分を味わえる。
泉質は普通な感じのアルカリ単純泉でした。
ちなみにホテルの朝飯も、ビジネスホテル系で食べたパンの中で一番美味しかった。

そして、安曇野の丘の上に建つ友人宅を訪ね、美味しいコーヒーと野菜とパンと沢山の野菜と果物をお土産に頂きました。
安曇野に住みたい。。

昼過ぎに帰途に着き、3時間かからずに帰ってこれました。
すいてれば乗鞍にも4時間で行くということですな。

そして、今日はより道をしつつ和田峠に挑みましたが、途中で止まりました。
なんだか脚に力が入りません。
一度は途中棄権しかけたが、なんとか踏ん張りよれよれしながら登頂は成功。
裏へ下って大垂水を超えて帰還。
復調には程遠いし、やはりおきなわは無理か。。。

にもかかわらず、帰りになるしまな店に立ち寄り練習会参加についてたずねる。
どうやら雛鶴峠がメインルートらしい。
来週土曜日に参加しようかな。
今はまだ相当な足手まといになったらまずいので微妙ですが。。。

明日から再び仕事。
がんばろうか。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/959-602fb8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)