FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

9/2 修復作業

ようやくジャカルタを23時過ぎに出てから14時間、ようやく西国分寺に着いた。
奥さんに駅まで迎えにきてもらい、重いトランクを押してもらい、自分は自転車にまたがり帰宅。
ありがとうございます。
そしてお好み焼きを食べて横になりうたた寝して目が覚めると、背中から首筋に掛けて激痛で起き上がれない。

これはまずいと思い病院を探すが、土曜日の15時以降やっている病院は多く無い。
消防の病院紹介に連絡し、最寄の武蔵小金井の太陽病院の整形外科へ。一様総合病院。
しかし、中途半端な病院へ行ってもレントゲンを撮るのが精一杯で、原因は分からない。
分からないまま、治療方針も示されないまま、言われた一言が「注射うっときましょうか」という発言にあきれて怒るも、悪化を続ける心配は無いという根拠の無い(恐らく)助言を信じて、何もせず帰宅。

足首は少しずつ動くようになってきている。
しかし、歩くのはまだまだ不自由で、その不自由さが右肩にきているような気がするが、本当のところは誰にも分からない。

やることは沢山あるが、来週一週間は夏休み。
まずは心身ともに回復しないととても続かない。

そして少しずつ自転車に。
歩くよりはペダル回すほうが断然楽。

伊那食品の年輪経営の理念に共感する今日この頃。
年輪の荒いまま急成長した高く枝を広げた木は環境変化にもろく、無理したつけは必ずどこかに現れるということ。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/956-82202427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)