FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

7/4 Liveの力

仙台で女子中学生の心のスピーチを聞いた。
外人たちの抑揚の強いスピーチの後だったこともあり、彼女達の単調なスピーチはより一層協調され、しかしそれがより一層心の奥底までしみこんでいった。

世界中から集まった大臣や要人達の前で、臆することも無く淡々と原稿を読み上げた。
3.11の震災に遭遇し、身内や友人に不幸がありつつも、前を向いて進んでいこうという彼女達のメッセージに、発する言葉の抑揚など関係なく、心に響き渡った。

それはどうやら私だけではなく、周囲の人たちにも共通するようで涙ぐむ人もいたし、私にも不思議とこみ上げてくるものがあった。
貧困削減や環境保全に燃えていた頃のことを少し思い出した。
テレビを通していたらここまで感じないような、その場にいる空気感の力を感じた。

今、テレビの前では新城氏が逃げている。
スタート直後から逃げているようでもう直ぐ200kmになる。
ふーんという感じではあるが、現場で見れば、周囲の環境もありさぞかし興奮することであろう。

女子中学生以外にもいろいろと勉強になった。
現場にいることの重要さを改めて感じる出張であった。
そういえば、今回の会議のホストは、現場、いや玄葉大臣でした。
洒落みたい。ぷぷぷ。
手際良い取り回したいしたものでした。

しかし、画面がぐにゃぐにゃ動く自転車中継を見ながら三本ローラーに乗ってみたが、動く画面につられてか不安定この上なく、10分も続けられなかった。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/935-6f825795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)