FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

6/24 気分はもう戦争

25年以上前に、大友克洋作のそんな名前の漫画があった。
そんな大昔にもかかわらず、衛星画像を判読しているくだりがあったりしたのが印象的。

さて、今日の気分はもう戦争ではなく、猛レース。
今朝の体重は58.5kgの体脂肪10.4%。

ホイールはRacing Speed XLRのCompetition。
サドルバックも無しなので車重は2kg程軽いだろうか。

結局、ツールド美ヶ原には参加しないので、変わりに今日、山中湖周回コースで6/2の26.9km/hと勝負しようということ。
狙いは28km/h。

で、結果はDNF。
最高の武器を持って挑んだが、兵站の失敗が効いて山伏峠最後の登りでハンガーノック。
無念。


出だしは好調。
さすがにRacing Speedは加速が良いし、速度維持も楽。
道志みち入り口までに6/2比で3分14秒先行。
6/24 27.5km/h 145bpm 72rpm
6/10 27.6km/h 144bpm 66.1rpm
6/2 27.1km/h 140bpm 70rpm

165mmクランクに多少なれて気がする。
引き脚の軌道が、足の長さとあっているような。

いつもより追い風が強いこともあるし、Racing Speedの加速のおかげで惰性で登れる坂も多いため、半分を過ぎた頃には、最大3分40秒ほどまで差を広げるが、ちょっと中だるみしている隙に25km付近では差が3分を切っていたため再び踏むもなんだか空回り。

どうも小腹が空いてきた。
今朝はたっぷり食べたので峠の向こうのローソンまで無補給で大丈夫との読みがおおはずれ。
道の駅を過ぎた辺りから大失速。
心拍数も140bpmすらキープできなくなり、速度も6km/h。
体も冷え始め大ピンチ。

貯金を吐き出し、6/2比で5秒先行で峠を突破。
下りも心拍数は100bpmちょいが目一杯。

WS000418.jpg
ぜんぜんダメだ。
Racing Speedも完全に宝の持ち腐れ。

コンビニで初めてカップラーメンを食べました。
体が温まり、おにぎり2個とプリンで一息ついたものの、左ハムストリングスがほぼ攣り。
とても、後半の雛鶴やアップダウン、大垂水は超えれないと判断してそそくさと引き返し惨敗でした。


敗因は、まず兵站。
体重が減っている分補給は必要でした。

そして、前に1cm出したサドル。
狙いは、今まで前に踏んでいたが、前にすることで自然に下に踏めるように。
しかし、使う筋肉が変わり、ペダリングも変わり尻で踏んで腹筋で引く走りが出来ていない。
直ぐに脚がアップアップ。
どの辺かは良く分からんが、乳酸たまりまくってきつくなる。
引き脚の軌道は良いのだが、うまく尻で踏めない。。

そして機材。
どんなに優れた武器でも、慣れが必要。
白石峠でもあったが、良く進むからといって調子に乗っていると、実は脚を削られていたというやつ。

それに、前二週対して走っていないし、今週平日は、ホテル泊含め、忙しすぎて乗れてないし、、、
美ヶ原でても1時間20分とかかかるような感じだね。
でなくてよかった。

しかし、くやしいですなぁ。
サドルだけは、やはり一番最後まで後退させよう。

146km 1,269m上昇 27.3km/h 68.5rpm 148bpm


スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/932-b43234b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)