FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

4/1 Death Zone

気温10度くらいが、ウェア選びに一番悩ましい温度帯で、解決策が見つからないまま今日も汗だくの失敗で帰宅。

まず、この気温だと手袋(100円軍手)は不要。指きりで十分。
パンツも冬用の前面に風除け素材があるやつではなく、土踏まずをカバーするタイツではなく、ただの長ズボンで十分。

ここまでは良い。
上が難しいのだ。

10度当たりでも平地ではジャケットが必要だが、持っているのはCasteliのManaggia。
ゴア素材なので透湿性に優れているが、インナーを間違うとさすがに処理しきれない。

10度だと、長袖Craftでは平地でも死ぬほど暑く汗だく。
半袖だと平地それなりだが、登りで汗だく。
しかも、その汗がジャケット裏地にしみこんで、乾きが悪い。

今日は、平地12度程度を予想したので、半袖を選択したが、それでも平地で汗だく。
飯能を越え、名栗辺りで気温の低下に伴い汗が冷えひえ。

とても山伏峠を越えて、汗だくの状態で無事に帰宅できる気がしなかったので、そのままたった35km走って折り返し。
余りにもひどいので、帰りは50*11一本で40km。

ちょっと薄手のGore素材のジャケット探さねば。。。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/885-58ac99c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)