FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

10/23 埋蔵金

140kmで900m上昇のave29.0km/h。
富士チャレよりきつかった。

七時前起床も路面ウェットなうえ、身体がだるい。
疲れがとれてない。
アリナミン三錠飲んで寝たのに。
と言うことで、飯喰って二度寝。

11時出発。
上野村は無理なので、小川町、かやの湯峠、円良田湖、本庄、吉田、秩父、山伏峠、飯能。

富士チャレンジの先頭グループイメージの高強度で後先考えず走る。
かやの湯峠頂きで、30.0km/hは過去最高。
本庄辺りで31.0km/h。
薄い追い風のせいもあるが調子が良い。
サドルを前に出したが膝に違和感なし。

吉田を超えて秩父へのちょっとした、それでも8%を超える丘でいきなり脚が止まった。
距離はちょうど70km。
おきなわでいうと、普久川ダムへの登り開始と同じ距離で去年と同様に脚が止まった。。。

高強度では70kmが限界なのか。。


ここからが大変。
山伏峠までどれ程きつかったことか。。


それにしても脚に来るのが早すぎるとおもい、サドル位置変更により、いつもと違う筋肉を酷使し生徒過程。
サドルを後退させてやると脚が見事に復活祭。

サドル上で尻の位置を変えて負荷分散とは聞いてはいたがここまでちがうとは驚き。
SMPはスイートスポットが広くないので、ほとんど尻の位置を変えずにはしってきたが、尻位置を変えてやれば現時点でも70km分の埋蔵金が眠っていたといえるほど普通に脚が動いた。

これから前後で鍛えてやれば、高強度での持久力がグゥっとのびるような。
今度の上野村で試してみよう。
smpで前乗りって居心地悪いのがもんだいだが、、




スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/820-63ff1e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)