FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

10/2 塩沢峠

185kmで2,100m上昇。
Racing Speed XLRを履いて贅沢なサイクリング。
にも関わらずなんだか集中力がないし、疲れが溜まっているのか、150bpmすらを維持できない。
その割には良く走ったけど。

今日は上野村に行こうかと思ったけど、どうも同じ道ばかりで飽きて集中力が持たないのでルート変更し、夢に見た塩沢峠を目指してみた。
ロード 神流町 2011-10-02
ロード 神流町 2011-10-02, 高度 - 距離

まずは、176号でGo West。標高500mくらいまで上がり、その後急降下。
40%近い下りには、びびる以上にブレーキによるカーボンリムへのダメージが心配。

175号⇒71号を黙々と登る。
ここは非常に走りやすいし、微妙なアップダウンにワインディングで気持ちの良い未道だ。

しかし、塩沢峠の標高は1,100mで気温は12度ほどと寒く、神流町への下りは30%近い急勾配。
リムが、、、

真夏にR500でなら良い場所かもしれない。

余りにも体が冷えすぎており、神流町の鍋焼きうどんのノボリに誘われるまま一休み。
600円也。美味しかった。鬼石から上野村までの通りでは一番かな。安いし。


走りの方はといえば、右ハムストリングスの強めの違和感、痛みの原因を発見。
右足のクリート、ペダルの遊びのせいで、数ミリほど外へ傾くのだが、この傾いたままで負荷を掛けるとハムストリングスがねじれるらしい。
傾かないように、親指付け根への加重を軽く意識してやるとほとんど解消。

後は、シッティング・ダンシング共につま先が相当立ってきた。これは良いこと。
なぜかというと、つま先が立っていると骨盤から脚を回せる。
腸腰筋を最大限使える。
そして、尻筋が相当使える。

よって、大腿四頭筋はもとより、ハムストリングスも温存できる割に、それなりに踏めるし、ダンシングが相当持続できるので良い負荷分散になる。

それでも、心拍数が上がらん。
体が温まるのに1時間かかる辺りからも疲れが見て取れる。
総合的にみると平均心拍132bpmと相当低調。

しっかし、Racing Speedは下りでスピードが出すぎてちょっと怖い。

昨年経験した、トップグループの最終の登りに付いていけないイメージを払拭できないまま来週は富士チャレ210km。
走行距離が昨年から半減している今年。
どこまで走れるのか心配半分、楽しみ半分。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/808-899c569f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)