FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

5/22 白石峠TT その34 撃沈

昨年8/16以来の白石峠TT。
よもや、ここまで長期間上っていなかったとは驚き。

そして、9ヶ月ぶりのTTタイムも驚きの29分51秒。
まさかここまで走れないとは、、、


昨日は日帰りドライブで清里まで。
非常に腰にわろし。
階段の昇り降りで足が重い。

そして今日。
レースでもないのに変に緊張したりして。
ローラー台の記録から推測すると、25分台は難しいにしてもそこそこ良いタイムが出てもおかしくない。
27分くらいで走れればよいかな、なんて出発してまず驚いた。

大東坂を普通に登っていて心拍数170を軽々越えてしまう。
調子が良いのか悪いのかよくわからんが、ちょっとした坂で直ぐに心拍数が上がってしまう。
ただ息苦しさはないので、調子が悪いわけではなさそう。

そして白石峠入り口で鼻かむために自転車を降りてまた驚いた。
腰が痛くて伸びない。

普通なら無理せず帰宅だが、今日はここまで来て帰れないので強行。

スタートして最初のカーブを曲がるがよく脚が動く。
調子は悪くない。
ただし、心拍数の上昇が抑えられずにあっという間に180bpmのレッドゾーンへ突入。

11-23なので軽いギアにして回せないので、回すと速度は乗るのだが、あっという間に心拍数が上がってしまうのだ。
それでも、脚に大きな負荷は感じない。
ローラーで言う負荷7の50*15どころか、負荷5の50*15ほども無い感じ。
後で見ると、最初の1kmのLAPは過去最高。

しかし、これが長く続くはずも無く1km過ぎて見事に脚が終わった。
これは、3km過ぎて心拍数160bpmをきるパターンだなと思いつつ、目標を完走に変更。

それでも、案外心拍数が落ちない。
中間点も14分台と普通な感じ。
速度は伸びないが距離は案外苦にならず進んでいく。

圧倒的にシッティングが多いのはローラー台効果。
というか、ダンシングのためのハンドルポジションが全く出来ていないので変更が必要。

それなりにしんどいままゴールしてぎりぎり30分きった。

WS000279_20110522140540.jpg
ここまで成績が悪いときは、心拍数が平均で160程度までしか上がらんとき。
つまり相当疲れが溜まっているときなので、それほど心配いらないのだが、今回は179bpm。
つまり、全力で遅いということ。
ローラー台ではそれなりに調子良いときと似たような記録がでているが、ここ数ヶ月、練習量は1/3くらいになっている。
それでよい記録がでるはずがないということ。

さらに、腰も悪化。
厳しすぎるがやらねばならん。

毎週1回は白石峠上ることにしよう。
なんとか26分台まで、、、
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/739-9ec94c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)