FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

2/5 

夜勤の残業翌日に早起きするガッツはなく、11時出発。

腿の付け根は痛くないが、尻筋が痛い。
成長の証なので、歓迎しよう。

すっかり立春も過ぎ、実際に小春日和。
ゆっくり走っても寒くないのでゆっくり走る。

ゆっくり走りつつ考える。
流行の未来工業の社訓も「常に考える」で、常に改善を模索するわけだが、自転車はフィードバックが早いので、考え、実践し、体で感じ評価してみる。


今日のテーマは、踏み脚と引き脚のタイミングの連動。


引き脚と踏み脚でタイミングを合わせて餅を伸ばすように。
起点は股関節。
これは、故障前からの回し方だが、回しているというより踏んでいる感じに近くなるのでどうかと思っていた。

そして、ふと思った。
50*11を回しているとはいえリキみ過ぎている。


そして、テニスを思い出した。
力むのは一点で、インパクトの瞬間にグリップをきゅっと締めてやるだけ。
でないと、動きがぎこちなくなり、逆に力がボールに伝わらない。


自転車に置き換えると、インパクトの瞬間とは、踏み脚2時位だろうか。
そこで、立ったつま先を支えるように足首を固定し、母子半球裏にペダルシャフトを感じる。
シャフトを一瞬掴むかのように。

そして、脱力してハムストリングスと腸腰筋で脚を引き上げる。
そのとき、脚首はクランクにいい具合に加重できる角度になるように自由に。

そして、また踏み脚の一点で加重するの繰り返し。

なんだか、軽く回せるような気が、、、
50*11を軽く回せる気が、、だなんて、調子に乗りすぎて膝を痛めんようにしないと。
いずれにしても、この走り方煮詰めてみる価値有と見た。


50kmで切り上げてピオニにお買い物。
5年ぶりのSubwayを試してびっくり。
20110205.jpg
中身がスカスカなんですけど、、、
本国の物は、はちきれんほど詰まっていたように思ったが、美化された古い記憶だったか。
なんにしても二度と喰うことはあるまい。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/659-74da47da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)