FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

12/26 離婚の危機!?

結婚したって走るもんは走る。
奥さんには奥さんのアジェンダがあるので、こちらは最低150kmのつもりで海へ向かったが、5時間25分もかけて走れたのがたったの92kmで454m。
理由はシングルになってしまったからというはなし。

出発時の気温は3度くらい。
さすがに寒く、100円軍手では多少心もとないが、お日様が照っている限りこれで十分。
10分も経てば外したくなるくらい。

特にどこにも痛みはなく快調。
ただし、遅いのにむやみに心拍が上がる。

140-150bpmくらいで
荒サイを順調に南下。

彩湖以南は久しぶり。
戸田橋で荒川南岸に渡り、やや道に迷いうろうろした後、川堤へ上がろうと歩道を登った時に

ガキィッ

とギアの辺りで嫌な音とともに、ペダルが空転。

なんと、チェーンが切れているではないか!

全く想定していなかったメカトラ。
下の自転車道には多くのローディが走っているが、まさか替えのチェーンを持っている人はいないだろうなぁ。
手持ちは1,800円とちょっと。
105ならこの値段でも買えたっけ?
ウエパーなら買えるかも、でも、梅田までどないしていくねん、、、
と、途方に暮れる。

そういえば、近所に同僚が住んでいたはずと思い電話をすると英会話レッスン中。
ただ、笹目橋付近に自転車屋があるという希望をつなぐ情報をゲット。

はて、笹目橋ってどこだろうと、散歩している人に確認すると、ここから5kmほど上流らしく、再び途方に暮れる。
しかし、北赤羽駅近辺に大きい、スポーツ自転車も多数扱っている自転車屋があるという新たな希望の光が。

30万円を超える自転車を、カーボン製の超高級ケッタマシーンとして、何とか目的地に到着すると、そこにはサイクルベースアサヒが。。。
一瞬
「ビミョーやなぁ、、、」
と思ったが、案の定10速用チェーンは売り切れ。
在庫してても値段が予算オーバーだったので、どうせだめだが。。。

店員さんに相談すると、応急処置的に、RDを通さずにシングルスピードにすれば走れるのではないかとのこと。
たまたま、こないだ買ったコネクタピンだけは3つ持ってたので、チェーンカッターを借りて千切れたチェーンを短くしてIzoardのピスト化が完了。
切れたチェーンがフレームにダメージを与えることがあるらしいが、今回は大丈夫みたい。


サイクルベースアサヒさん、「ビミョー」なんて思ってすみません。
本当にありがとうございました。


家までの距離はおよそ45km。
この格好で電車に乗る勇気もなかったし、チェーンを買う金もないので直帰することに。
案外走れるが、チェーンがFDにこすれてちりちり音なりする。

彩湖を超えたあたりでスプロケ辺りがカリカリ言い出す。
すると、再び突然ガツンと引っかかった。

すんででペダリングを止め、こけずに停止できたが、なにやらクランクが前にも後にも回らなくなってしまった。
物理的にはなんら阻害要因が見当たらない。
再び途方に暮れかけるが、よく見るとトップから3段目につけていたはずのチェーンが4段目に変わっており、チェーンがテンションパンパンになっていた。
パンパンでも回らないのね。

リアホイールを外して、再び3段目に掛けなおすと問題解消。

しかし、1kmも行かんうちに再度勝手にギアチェンジしてしまい停止。
ちょっとでも停止タイミングを間違い、強いテンションをかけると、またチェーンが切れてまう。
再び途方に暮れかけるが、コツを掴む。
スプロケがカリカリ言い出したらペダリングを止めてやれば、また暫く落ち着く落ち着いてくれるという仕組みらしい。

そういった変化に敏感に反応するために速度は20km制限。

これでは練習にならんので、下ハンもって腿上げ練習。
結構効いた。

つまり、結婚2日めでシングル(英語で言うところの独身)になったという話で、決して離婚した話ではありません。
まだまだ頑張ります。


ながながと書いたが、
教訓は、
・コネクションピンは常に持参。
・携帯工具はチェーンカッター付の物を選択。
これで、自分でピスト化できるので何とかなるということ。
・一つコマの予備を持っておけば、ピストにせんでもええか。
携帯工具のチェーンカッターはちょっと重いが練習になるからええか。

そして、それ以前にこんなトラブルを避けるために
・チェーンはケチらずに早めに替えよう。(今回のUltegraは8,500kmくらいで切れた)
5,000kmだと3.5ヶ月程度で交換か、、、
まぁ、チェーンをケチって、フレームにダメージ加えるよりましか。

というところです。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/624-84dddd16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)