FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

10/10-13

レースで先頭はぜんぜん引けないのに、レース後に風邪はしっかりと引いてしまった。
どちらも よわっちぃことに変わりがないのだけど。。。


レース翌日の朝から喉が痛み始め、月曜日の朝方には目が覚めるほどの、いわゆる唾も飲めん程の痛みに発展。
それでも、まだ体調自体は悪くなかったのでトレーニング。
ホントは名栗-秩父大周回を高強度で走りたかったが、一昨日のレースで疲れているはずでもあるので、秋晴れの中、鎌北湖から奥武蔵グリーンラインへ。

155bpm前後で走っていると、後ろから良いペースのローディーが抜いていったので付かせてもらう。
と、おもったが、アップダウンの激しいこの道路の下りで付いていけない。 
酷いグレーチングや荒れた路面の中、無理したくない走りをしていると付いていけない。

登りで何とか追いつくが目一杯。
刈場坂近くまで何とかがんばったが、手前の長めの下りでお見送り。


下りを強化すべく定峰を下るが、今ひとつうまく重心をコントロールできずに走りが不安定。

おきなわでの最大の不安点だがどうしたものか、、
下りの練習したけりゃ登ればいいのだが、それが結構億劫だったりする。
定峰5往復とかしやないかんかな。。
路面はそれ程荒れてないが、交通量は少なくないから無理したくないのだが、、、

どこか良い場所はないのだろうか、、

気を取り直して、落合橋から東松山埋め立て場までの小川町TTを敢行。
28kmのこのコースで、なんと自己記録を4km/hも上回る、平均速度38km/hを記録!
WS000169_20101013084608.jpg
といっても、これは小川から玉川までの丘でダンプカーアシストを使ったいわゆるドーピングによる記録なのであくまで参考。

この参考記録をアシスト無で走れるようになれば、富士チャレでも先頭集団に付けるような気がする。


帰宅後に体調が悪化。
風邪薬を飲んだせいも有り、37度あたりの微熱なのにふらーりふらりと妙な浮揚感。
早く治さねば、、、

スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/540-3876118f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)