FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

自転車とマリオカートの共通点

3/13に4分30秒かかっていた近所の激坂を、今日、3分20秒で登ることができた。最近の物見山周辺での朝練の成果であろうか。3分切れる日は遠くない気がする。

Lapタイム短縮は楽しい。若かりし頃スーパーファミコンのマリオカートのタイムトライアルにはまったことを思い出す。相当やりこんだ。もちろん最高速の高いドンキーを選び、鈍いコーナリングはジャンプで回りきる戦法で、スタートダッシュと全く無駄のないベストのライン取りで確か1分3秒(か6秒だったような)程度だった。それが壁であった。しかし、日本のトップは59秒程度と知り、何か私の知らないテクニックを駆使する兵がいるのだと打ちひしがれた思い出がある。

自転車に真剣に乗り始めた今は、ぶち当たる壁がおそらく遥か彼方まだまだ遠く、乗れば乗っただけ早く、強くなるだろう。

マリオカートでは、ベストラップの半透明な自分を相手に競争できた。今は、後ろからアームストロングが追いかけてきていることを想像して追い込んでいる。ちなみにアームストロングは宇宙服を着ている。アームストロング違いだが、モチベーションを高めるためには必要だ。

もうすぐ手に入るGarmin Forerunner 305では、画面上で過去の自分と競争できるようだ。今はまだアームストロングとは程遠い。当面のライバルは自分自身である。昨日の自分より早く走り続けることができれば、いつかアームストロングの背中につけるかもしれない。その時、聞こえてくるのは渋みの効いたWhat a wonderful world。が聞こえてきたら面白い。ランスの背中はまだまだ遠い、、、なんて妄想する今日この頃。

Forerunner305早く来ないかなぁ。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/53-fa7cc87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)