FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

9/18 ツール・ド・上野村200km その10

10回目のツール・ド・上野村200km
いやー疲れた。
でも久しぶりに心地よい疲れ。

WS000158_20100918185948.jpg

しかも、過去最高となる平均28.2km/hを過去最短の停止時間29分で達成。
課題は多いが、ここ最近非常に調子が悪かったので、単に200kmを走りきれたことがうれしい。



3時半就寝の7時半起床。
睡眠4時間では足りんがしょうがない。
結構な空腹感があったので、

バナナ1本
牛乳1杯
食パン8枚切*3に蜂蜜とチョコたっぷり

食べた直後はある程度満腹感があるのだが、どうもこの程度の朝食では全く足りない模様。

走り出しても、2日前のローラー練習の時のように力が入らない。
脚のスカスカ感と体全体的に軽い虚脱感。

20kmも走ってないのに、真っ白な灰になった気分。
確かに髭に白いものが混じっている。(老化が原因だけど、、、)

400kcalはあろうBCAA2,500mg入りのオリジナルゼリーを注入。
多少マシになった。

東秩父の直売所あたりで、2台のFITTEトレインに抜かれた。
せっかくなので後ろに着いてみた。
33-38km/hで非常によい急行ペースで進む。

非常に心地よいのだが、心拍は160bpmを超えてるではないか。
170km以上の行程を残して疲れるわけにいかない。
これに乗れないと、おきなわで完走できないのだろうなぁ、、と思いつつ2km程で涙の下車で各駅停車ペースに。

いつもよりペースが遅いなぁ、、、

鈍行ペースでもまだ体がだるいので、東秩父の名も無い峠核心部辺りで取って置きの豆大福を豆乳。
これが奏功したのか、30km走って体が温まったのか知らんが、なんだか元気が出てきたではないか。

しかし、調子に乗らずに150bpm前後を狙って淡々と、兎に角負荷の少ないペダリングを探しながら走る。


児玉に入って平均速度を見ると27.5km/h。
いつもよりよさげ。
どうやらよい風様に守られている模様。

下久保ダム手前の坂では、無理しているつもりは無いのが心拍は180bpmを超えてしまう。
ここ数日ゆるゆる走っていたから、脚に多少余裕があるのだろうと、すきに上げさせておく。


脚が疲れんように、尻の位置を前後に変えつつ、ダンシングを交えつつ、負荷分散を試す。

どうも、ハンドルにある程度体重をかけてのダンシングが心地よい。
昔よくやっていたが、こーぢさんに指摘されて以来最近ご無沙汰だったが復活。
決して速くは無いが、不可分散が必要なロングライドでは有効かも。

万葉の道の駅手前で、道端に2匹の猿がたむろしてた。
1匹はどっかりと、そしてふてぶてしくあぐらをかいて座ってた。
朝青龍が三歳の頃はあんな感じだったに違いない。
写真を撮ろうと思ったが、アクティブな1匹に襲われそうなのでそそくさと退散。

85kmを過ぎて疲労感が。。。
それでも何とか折り返し地点となる十国峠入り口へ到達。
20100918.jpg
いつかは十国峠を登りたいのだが、今日の疲労度を考えると相当過酷なことになりそう。。。

今日は停止してのストレッチ等は禁止のつもりだったが、この時点で結構脚パンになっているので、屈伸と大腿四頭筋を伸ばすストレッチを解禁してちょっと復活。


帰路で速度を稼ぐには、下り基調の最初の1時間が重要。
いつもなら33kmくらい走れるが、今日は風様の試練を受けて32km強にとどまり、家まで平均30km/hに早速赤信号。

それでも、向かい風の中強度を上げて頑張る。
神流川沿いのアップダウンのアップでは、77rpm前後で下ハンダンシングが速いしえらい心地よい。
50*12で下ハン縛りの鳩山耐久コース練習のおかげで速度維持が楽になっている気がする。

勾配がきついときは、ハンドル加重ダンシングでしのぎ、長い登りはしっかり上体を起こして呼吸を楽に軽いギアを回し系で疲れを溜めないが速度維持も頑張る走り。

帰路の勝負は、平均勾配3%弱で4km弱続く円良田湖手前の坂と、1.5kmで6.5%の東秩父の名も無き峠。
マイペースで走らないように、チーム練をイメージして半泣きで登る。
170km走っての名も無き峠は辛いが、兎に角14km/hを下回らないように踏ん張った。

その分、小川への下りはそれ程踏めず。
よえぇ、、

しかし、前回帰路の平均30km/hを超えたときは回避した鳩山三段坂とツールマレー峠は真っ向勝負。

特にツールマレー峠では頂上ゴールのつもりで追い込んでええ具合に満腹になりました。
元宿の交差点でタイマーを止めて20分クールダウン。
パンパンだった脚も多少ほぐれて帰宅したのは16時半頃。

13時過ぎてから暑くて大変だったが、非常に良い練習になったような気がする。
しかも、いつもは1時間くらいある停止時間が今日は半分の29分。
信号停止はそれなりにあったが、トイレ/水補給は2回と冬の半分以下。
帰路の児玉で空腹に負けてプリンをかきこんだが、最低限の休憩で走れた。

しかし、まだまだ停止やストレッチ無しで200kmは走れない。
かといって、帰路で走りながらストレッチ(足の甲をサドルにかけるやつ)をしようとしたらハムストリングスがつりかけた。
後2ヶ月でなんらかの対策を確立せねば。

程よいアップダウンのある鳩山耐久コースでの下ハン重いギア練習は効果的な気がするので、今後も継続しよう。
平均速度を30km/hに近づけるには、平均160bpm程度で走る必要があろう。
どうすれば、そんな高心拍を7時間も継続できる?

それにしても、一旦下がった平均速度って、そうそう盛り返せんよな。
平坦と緩いくだりで30-45km/hあたりを相当(気分的に)キープして、ようやく平均0.1km/h上がったと思ったら、信号停止や交差点での減速、ちょっと眺めの坂でいとも簡単に、下がっていく。
まぁ、レースでは関係の無い話だけれども、、、


補給食
・スペシャルゼリー*1.5 600kcalくらい?
・豆大福        300kcal
・梅おにぎり*2     340kcalくらい?
・プリン        340kcal 
・水          1.25L
・スポドリ       1.8L
・お茶         1L

今の時点では、今まで以上に疲労感が少なく感じる。
クールダウン20分のおかげか?

来週も走るかな、、、
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/518-1b3dae28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)