FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

8/13 重いギアで物見山大サーキット

3.5時間睡眠で6時に自然起床。
空は曇っていて涼しく良い感じ。

どこをどう走ろうか散々悩んだ挙句、重いギアで物見山大サーキット(7.8kmで130m上昇)を回って、重いギアを使った時の持久力を試してみようかと。

コース上登場するガリビエ峠モンヴァントゥは50*17で、それ以外は50*11。
結果は、4周目のガリビエ峠で左膝に違和感を感じて終了。
無理はしない。

WS000124_20100813121018.jpg

さすがに、ギア自由選択に較べて遅いものの、それなりに走れている。
そして心拍数が非常に低いのが重いギアを使った時の特徴。
特に登りのシッティングで50*17は重く、ガリビエ峠の核心部と2回目のモンヴァントゥは全てダンシング。

それでも、膝の違和感が無ければ後2周は同じペースで走れたと思われる。

脚を回復させるために、ガリビエ峠を下って、平坦を選んで50*11で回し、大回りでたどり着いた清澄坂は50*13。
ここで、引き脚で膝を締め上げる時の足首の角度が、伸びている時より曲げている方が力強く膝を締めれることを発見。

しかし、ツールマレー峠にたどり着いた時には脚が終わってしまい、この後休憩を入れても、軽いギアで回しても回復感が得られない。

豆腐工房わたなべで久しぶりのおからドーナツを一揆食いしても回復せず。

重いギアで追い詰めた結果、ほんの50kmほどで終わってしまった模様。

その状態でラルプデュエズ練習で追い込もうと思い34*17でトライ。
登り切れたがれなくは無いが、脚がおもーくて気持ちよさが無いので1本で終了。

最後にガリビエ峠を50*17で1本登ってほんとに終了。

やはり、重いギアは心拍を抑えてかつ速く走れるが、長くは持たない事を改めて実感した。
鍛えて長く持たせることが出来れば素敵。
がんばろう。

75km
957m
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/477-03718fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)