FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

都幾川満喫

晴天、微風の写真とチャリンコに絶好の日曜となった。朝8時から高坂近辺を徘徊し、昼前から都幾川へ出かけてた。

まずは、前からよってみたかった人気の蕎麦屋で腹ごしらえ。
最初に迎えてくれるのが自慢のてんぷらを誇示する看板。地物の野菜、山菜がたっぷりのようだ。油にはこだわっているらしい。
Sobaanne2.jpg


店に入り迷わず天ざる(1,400円)を注文。座敷に4卓とテーブル5卓程度で、こじんまりとしており雰囲気は悪くない。じりじりと待つこと約30分で豪勢な膳が目の前に現れた。
Sobaanne1.jpg

手前の小鉢はそば豆腐。そばの上の白い花はそばの花。食べてよいらしく一口いただいたが特にどうということはなく薬味になるわけではない。持ち帰る客が多かったが、やはり自慢の黒そばを使った盛りとの色合いを楽しむのが良かろう。

さて、お味のほうはというと、、、正直期待していたほどではなかった。大してそば通ではないが、毎朝引き立てというそば粉も、9割という割合も、あまり活きていないような。どこかもったりもったりとしていて、きれやさわやかさが微塵もない。そばつゆは甘すぎず辛すぎず、わさびがちょうど利いてお気に入り。天ぷらはからりとあがり、ごま油など利かせず素材の味と食感が楽しめる。しかし、ややボリュームが多いせいか、油のせいか、はたまた35を越えた歳のせいか、やや腹にもたれた。胡麻豆腐は可もなく不可もなく。。。
結論としてまずくはないが、何度も足を運ぼうとは思わないな。値段は1,400円は高くて、1,100円ってところだな。

さて、腹も膨れたので都幾川を探検。そして素敵な場所を見つけた。そこには悲しげな表情を見せる苔むした大き目の砂防ダムと、とても小さいが神秘的な花の群生する滝つぼ。

これが全景。
Dam_Tokigawa.jpg

その表情は限りなく悲しい。左目からあふれ出る涙と。右目には涙跡。唖然として閉じることを忘れたかのようなに開いた口。うれしくて流す涙には見えない。何かを憂れいているようだ。
Dam_Crying.jpg

その傍らで咲く花は小さいが強い主張を持つ。白い花びらの赤いペインティングはお祭り用とも威嚇用とも見える。長く伸び、そりあがる下の花びらは何かを招きいれようとしているようだ。
Mystic.jpg

暗く、足場の悪い場所での撮影だった。ISOを800で、絞り開放でもシャッター1/80。VRIIを持ってしても手持ちではしんどい。ISOを上げてノイズを比較してみればよかったとちと後悔。

でも暗いおかげで光がきれい。
TreeinLight.jpg

ひとしきりとったので、帰りは豆腐工房わたなべで豆乳ソフトクリーム250円なりを試す。
Softcream.jpg

その硬さ、肌理細やかさからくる舌触りは絶品。巷に出回るスジャータソフトとは比べるべくもない。して、その味はまさに豆乳。それ程癖は強くないが、見た目からどうしても牛のミルクの濃厚さとバニラを頭に描くため、下で感じるその豆の味にどうも違和感を感じてしまった。それでもなおソフトクリームで一日を占められるのは悪くない。

夕日の差す中、最後はナウシカばりに金色の野に降り立っておしまい。まだまだ都幾川も奥が深そうなので、チャリンコ、写真共に楽しめそうだ。
GoldenBarley.jpg


その他の写真はこちら。
http://photohito.com/user/2220
スポンサーサイト



テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/46-0d04806c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)