FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

7/15 物見山大サーキット 4周

昨晩は、やはり相当脚が疲れていたが、朝起きると案外すっきり。
最近、睡眠時間は6時間と短いが、深く眠れて回復出来ている模様。

路面がドライになるのを待って、10時半頃出発。

鳩山高速サーキットで距離乗るつもりが、ぽつぽつ来たので近場を回ることに。

久しぶりに物見山大サーキットを回ってみた。
距離は7.7kmで獲得標高約155m/周。
ガリビエ峠モンヴァントゥを登るアップダウンの激しい結構きついコース。
WS000103.jpg
WS000104_20100715140934.jpg

今日も兎に角、シッティングもダンシングも引き脚命。
第一に引き脚の膝の閉じでペダルを持ち上げる事重視だが、腹筋と腸腰筋をすこーし、気持ち使ってやることで、より楽に膝を高く上げれる。
乳首ではなく、顎で膝を吊り上げる感じ。

最近、なかなか尻の筋肉が痛くならない。
ちゃんと使えているのか不安。

途中、踏み脚の時、踵から押すようなペダリングで多少尻筋が反応した模様だが、なかなか継続して反応してくれないので、もうちょっと工夫が必要。

5周はしたかったが、3周目でポツリと来たので、4周目だけ必死で走る。
登りは95%ダンシング。重めのギアで。
ベストタイムで14分41秒。
WS000105_20100715141715.jpg
今後の目標タイムとしよう。

ラルプデュエズを下って、清澄坂を登った後、直ぐにラルプデュエズへ取って返し1本。
34*16という重いギアでシッティング。

12%を越える坂だと、どれだけ引き脚の膝を閉じ、引き脚重視で走っても尻が後ろに逃げようとする。
つまり、踏み脚の方が強いってことだろうか。
だもんで、多少手でハンドルを引いてバランスを取ってやる。

頂上前は蛇行しないですむぎりぎりの速度で何とか登りきれた。

こないだのMt.富士あたりのペダリングって、サドルがしゃくれ気味だったとはいえ、35*25で尻が後ろに逃げまくっていたことを考えると、本当に大体四頭筋ばかり使って、引き脚全然使っていなかったのだろうな。

Zooへパンを買いに行く途中、なぜか脚が勝手に回る。
ピストにのったことないが、こんな感じなのだろうか。
力を入れていないのに体が動くというのは、昔やったこっくりさんみたいで不思議。

あまりにも勝手に気持ちよく回るので、Zooを通り過ぎても走り続ける。
が、どういう理屈で勝手に回り続けているのか良く分からない。
分からないまま、Zooで雑談。

もう少し、勝手に回り続ける理由を探索するべきだったか、、
明日、再現できるか楽しみだ。
再現できなきゃがっかりだが、また追い込めばきっと体が動き出すだろう。

55km
930m
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/450-1aab1e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)