FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

2/10 物見山サーキット5周TT 記録更新

明日のツール・ド・上野村に備え、今日は軽く流す予定だったが、明日は雨模様。
だもんで、今日しっかり走ることに変更。といっても空は今にも泣き出しそうなので物見山サーキットを回ることに。
雨が降るまで回ろうかとも思ったが、だらだら走って、中途半端な距離で雨に降られたのでは練習にならんので5周TTに変更。

昨日の疲れもあり、あまりタイムは期待できないどころか、昨日のスプリント練習や重いギアで回していた付けがあるはずなので、心拍数がきっちり上がってくれるかどうか心配していたが、以外や以外、ベストタイムを20秒近くも大幅更新して驚いた。ちょっと力がついてきたか。

LAP1 11分01秒 152bpm 72.8rpm
LAP2 10分56秒 170bpm 76.9rpm
LAP3 10分49秒 171bpm 74.0rpm
LAP4 10分50秒 175bpm 74.4rpm
LAP5 10分54秒 173rpm 74.2rpm
平均 10分54秒 168bpm 74.5rpm

今までのベストタイムは、昨年9/27に記録した平均11分13秒。これを19秒も短縮できた。
心拍数で14ほど高いので、この好タイムもうなずける。
高い心拍数を維持できるのも練習の成果であろう。
また、平坦区間での35km/h前後での巡航が楽。日頃重いギアで回している成果であろう。

心がけたのは、その平坦区間でしっかり休養すること。
呼吸を深く、ゆっくり。膝は乳首を目指し、大きく回す。
本当に休憩できているか定かではないが、休憩するという強い意思を持ったまま、35km/hあたりで巡航できるようにする。

そして、終盤のクリュセイユ坂の核心部での踏ん張り。
トレーニングのため34*17でまわすが、4周目辺りから辛い。
そこで力を発揮するのが、膝は乳首への精神。
踏みと引きでバランスがとれ、速度の極端な低下を避けれる。
で、勾配10%近い核心部でも、95%は15km/h以上を維持できたと思う。

このクリュセイユ坂での頑張りでタイムに大きな差が出るようだ。

今日の体調とR-500に履かせた2週間以上?空気を入れていない低気圧のRubino Proでこれだけのタイムが出たのは良い兆し。

これで、体調が良く、Fulcrum Racing Speed + Continental Competitionであれば10分30秒はいくのではないだろうか。
なんて、妄想を膨らましているときが一番楽しいかも。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/295-8e811d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)