FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

物見山サーキット & ラルプデュエズ練習

日銀は、本日正午過ぎ、おかんの今日の物見山サーキット5周とラルプデュエズ5本の走りとタイムを根拠に、おかんの体力及び心肺機能について、強い回復基調にあるとの見解を発表した。同時に、腰の回復が遅いことについて懸念も示した。

これを受け、専門家の間では、残り1週間のトレーニング次第では、龍勢ヒルクライムで44分台で完走できる可能性が残されたと見方が出ている。

まずは、物見山サーキットを予定通り5周。タイムが11分台に戻ってきた。
WS000209.jpg
心拍は162bpmといつもより低めだが、速度は上がっているので調子は上向きと考えてよいだろう。
平坦でのスピードの乗りが良いので、惰性で登れる距離が増え、その分疲れも少ないというポジティブフィードバックループが回り始めた。

上り坂区間では、ここ数日徹底している骨盤と尻周りの筋肉を使ってのペダリング。体幹を使い、尻をサドルに固定し、尻の穴をすぼめ、下腹部腹筋を軽く力みペダリング。今日は腹筋で漕いでいるような感覚さえ感じた。

この時上半身は完全にリラックス。手はハンドルに乗っけるだけで握ることさえしない。すると腰や尻周りで回せる。

今日のさらなる発見はダインシングで回すコツ。
全てのアクションは腰が起点。
腰を引き上げ、踏み足に重心を移し加重する。そして腰から再び引き上げる。すると、ぎっこんばったんせずに、くるくる回せる上、使う筋肉は尻と骨盤周りで、太腿の筋肉を温存できる。

多少余力を残し、ラルプデュエズ練習へ移行。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/203-f45a7d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)