FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

シリーズ高坂の坂 番外編 物見山サーキット

おかんの町には坂がある。
シリーズ高坂の坂番外編は物見山サーキット。
ここでは、最も一般的で、物見山頂を起点に物見山をぐるりと周る約5kmの周回コースを"物見山サーキット"。更に、同じく物見山山頂を起点とするが、モン・ヴァントゥを越え、高坂ニュータウンを抜け、更に大東文化大前のガリビエ峠を登り物見山山頂に戻る"物見山グランドサーキット"を紹介する。共に道路の横断や信号、さらには交通量が極力少なくデザインされた厳選コースである。

物見山サーキット
 距離:   5.4km
 標高差:  77m
 最大勾配: 8.6%(クリュセイユ坂)
 獲得標高: 80m 
物見山サーキット
WS000099.jpg
ローディーの間では"物見山周回コース"とも呼ばれるこの物見山サーキット。標高差77mと最大勾配8.6%は修善寺サイクルセンターの5kmサーキット(標高差100mで最大勾配12%)には若干及ばないものの、富士スピードウェイやツインリンクもてぎのそれらを遥かに凌ぐ、起伏に富んだ5.4kmという程よい距離を楽しめる、涙型のオーバルなコースレイアウトの本格的な公道サーキットである。ここでは、道路の横断をせずにすむ反時計回りを公式サーキットコースとする。

スタート地点は物見山山頂から。いきなりツールマレー峠の緩いS時カーブを時速50km/hで走り降りるところからサーキットが始まる。

第一コーナーのRは100程度と決してきつきない上に見通しも悪くない。コーナー手前には広いエスケープゾーンがあるため、余裕を持って周囲を確認したうえで、スピードをそれ程殺すことなくコーナーリングが出来る。ただし、オーバースピードとイン側を多少のギャップには要注意。

メインストレートととして、のどかな里山風の集落を抜けるアップダウンと緩いワインディングを2.3kmほどひた走る。スピードののりのり具合を楽しめる。

ラーメン屋寿園を右手に見ながら第二コーナーを曲がる。ここでは、ガードレールを抜けて多少交通量の多い鳩山ニュータウンからの道路と合流するため、コーナーの遥か手前から鳩山側から来る車に目を見張りたい。ガードレールをすり抜けながら合流地点での車の有無を確認するのであれば十分に速度を落とす必要がある。このサーキット最大の難所であり、事故のない様十分に気をつけたい。

第三コーナーを曲がると、バックストレートとしてサーキット最大の難所であり、最大勾配8.6%のクリュセイユ坂が待ち構える。中盤以降の緩い登りを重いギアで一気に駆け上り、石坂GCと埼玉県平和資料館前を走り抜ける。

最終コーナーを曲がりガリビエ峠に合流。うどん屋前の坂も重いギアで走りぬき物見山山頂へ感動のゴール。

強い人たちは、LAP9分混じりの10分そこそこで10周回走りきるようだ。11分そこそこでしか周回できないわたしには、現時点では遠いが、やりがいのある目標だ。


物見山グランドサーキット
 距離: 8.4km
 標高差:  80m  
 最大勾配: 8.8%(モン・ヴァントゥ終盤)
 獲得標高: 140m
 WS000098.jpg
WS000100.jpg
この物見山グランドサーキットは、モン・ヴァントゥとガリビエ峠の両方を楽しめるという、その名に恥じない素敵なサーキットである。

物見山サーキット第三コーナーで道路を横断し右折。東京電機大学のサインで左折し、モン・バントゥの登りへ突入。この坂の特徴は、徐々に勾配がキツクナッテイク点。その緩やかに変化する勾配を重いギアで実感して欲しい。しばしアップダウンを繰り返し、旗立台の信号で左折し、高坂ニュータウンへ突入。緩い登りを越えて降って、高坂駅へ繋がる幹線道路と合流。交通量が最も多い区間になるため、十分にスピードを落としたい。高坂方面へ向かい、サンクリニック手前で左折しガリビエ峠に向かう。

ガリビエ峠の走り方もいろいろあろうが、やはり歩道橋を越えて信号までの核心部で重いギアでシッティング魂を見せながら駆け上がるのがツウである。その核心部で力んだせいで、信号を越えてからの平坦区間で速度が落ちないように気合を入れたい。

信号のある交差点が3つ。道路の横断が2箇所と停止を余儀なくされるコースではあるが、その分長めの坂を十分楽しめるコースになっている。速い人は15分位でLAPするのだろうなぁ。ラルプデュエズも含めたコースもできなくはないが、信号と道路横断が多すぎ、もはやサーキットとは言えないので却下された。

これにてシリーズ高坂の坂は完結。次はシリーズ奥武蔵野峠を構想中。


シリーズ高坂の坂 バックナンバー
1. ラルプデュエズ(愛弘学園奥 平均勾配12%、600m)
2. ガリビエ峠(大東大から物見山 5%、1,300m)
3. ツールマレー峠(村山短期大学前 6% 760m)
4. クリュセイユ坂(東京電機大学から物見山 3% 2,300m)
5. モン・ヴァントゥー(東京電機大学前 5% 950m)
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/136-f7463344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)