FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

高坂サーキット(仮称)トレーニング

梅雨でも案外走れるものだ。外で走れるのはありがたいが、せっかく買ったローラー台の出番がなかなかない。

ということで、今日は高坂サーキット(仮称)を集中して走ってみた。初めての試みだ。

高坂サーキット(仮称)とは、物見山山頂からツールマレーを下り、降りきったところ、つまり石坂の森入り口地点で左折。ゆるいカーブとアップダウンを繰り返し、クリュセイユ坂を登って物見山山頂へ戻る約5.4kmの周回コースのことである。
WS000077.jpg

今日はこの周回コースを5周、27km程ノンストップで走ってみた。

最初の1周は余裕で、体調の良さを確認。ラップタイムは12'09"。早い人なら10分台でラップで切るのだろうが、まだ見ぬ5周回を考慮すると悪くないだろう。2周目は梅雨の合間の好天に感謝。12'31"とややのんびりでまだ余裕があった。

しかし、3周目のクリュセイユ坂あたりから、46*18での登りが苦痛になり、4週目ではそもそも、このぐるぐる同じところを回っている行為に飽きてきた。200kmエンデューロならこの距離のコースを40周弱。あまりトライしたいとは思えなくなってきた。最後の物見山のぼりでは腰が多少痛くなり始める。タイムも13'08"まで落ちる。

が、気力を振り絞りラストスパート。タイムは12'44"まで戻して終了。いい具合に腰が疲れているので練習にはなったのだろう。
WS000075.jpg
左から2つ目はガリビエ峠の速度で、3つ目の棒グラフが1LAP目の速度。2LAP目以降徐々に速度が落ち、ファイナル5LAP目でやや持ち直しているのがわかる。

WS000076.jpg
この単調な練習をどこまで追い込んでできるかは、メンタル面でのトレーニングにもなりそうだ。ビンディングペダルの成果等、機材を代えてLAPを取ると変化が見やすいかもしれないので、今後も一生懸命がんばろう。

走行距離 33.91km
獲得標高 443m
走行時間 1:21:44

スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/113-986f6555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)