FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

1/2 走り初め

長く、遠くまで乗りたくて独り三浦半島一周してきました。

テーマは

疲れない175km走

設定心拍数は平均で145bpm

これは、単に負荷を上げないということではなくフォームとペダリングに気を使い、尻と腸腰筋で走るということ。
そして、できるだけ下ハンを持って淡々と。

W000446.jpg


出発直後は快晴微風。
正月くらいは贅沢してRacing Speedはいてくればよかったとやや後悔するも、藤沢あたりから強風。
横風でタイヤがずれるくらいの強風で気持ちが萎えかけ。
風に気をとられてペダリングどころじゃないし。

それでも、藤沢街道が思ったよりも交通量も少なく、信号のつながりも悪くなかったので忍の一字。

途中、恐ろしいほどの人垣に遭遇。
いうまでもなく箱根駅伝の応援。
10年後には、ロードレースにこれほどの観客が付けばすばらしい。
そのためには、ロードレース界に中田が出現する必要であろう。

そんなこんなで、湘南まで50km弱。
意外に近い。

そして、ウインドサーファーが宙を舞うほどの強風に押され、海岸線を54kmで高速巡航し、あっという間に三浦半島の付け根。

ここからが長いし、結構な横と向かい風で怖いしつらい。
それでも、半島突端は三崎の漁港に到着。
どうもマグロが有名らしいが、汗が冷えると大変なのでスルー。
改めてマグロと城ヶ島をセットで遊びにこれるようにとっておく。
風のない日に。

おきなわを思わせる道を越えつつ帰路に。
ここまでは向かい風でしたが、狙い通りあまり疲れず。

帰りは、横浜本郷台経由。
ここは、大阪和泉に引っ越す前に、小学校2年から4年までの3年間の幼き青春を過ごした街。
まさか、ちょっと立ち寄れるとは、自転車ってすごい。

口裂け女が出現したと大騒ぎした生協は健在。
竹ひごとか買っていた雑貨屋さんはなくなってて残念。
それにしても巨大だった団地群や公園、小学校、それにしても小さい街でした。
その小さい街でほぼ完結していた幼き青春時代。
大きさに関わらず、子供にとってはその世界がとても重要ということ。
良い勉強になりました。

結局、174kmで721m上昇、 平均時速26.5kmで144bpm

良い練習になりました。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satokanblog.blog121.fc2.com/tb.php/1002-e264124f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)