FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

子供時々ローラー台

子供が加速度的に可愛さをまし、子供と過ごす時間が自転車で過ごす時間を上回り始めた。

久しぶりに日本での連続滞在が二ヶ月を超え、母親の後追いに必死だった子供が私になつき始めた。
同時に、目が合うたびに投げかけられる何とも言えないややしたアゴを歪めた独特の笑顔がキュート過ぎる。
最近はしっかりハグしてくれるようになりました。
先月末に一歳になり
つかまり立ちを覚え、伝え歩きを始め、袋から出したキットカットは自ら袋にしまうことを覚えた。
一度引っ張り出したキットカットを袋に戻すなんて40過ぎのおっさんにもいろんな意味で難しい技である。

今日は、私の乳首をボタンがわりにして大受けしていた。
かわいすぎる。

それでもなお、オキナワ210キロを完走した夢など見ました。
走りたいのでしょう。

年度末のの忙しさで乗鞍のエントリーすら忘れてしまいましたが、オキナワは走りたい。

ということで、四月に入りローラー台再開。
今日も、風呂上りの娘を寝かしつけがてら抱っこ紐で背中に担ぎローラー台。
少しずつ、少しずつ。
娘の成長速度には及ばずとも、コツコツと。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

4/1日残念無念

WBSの小谷真生子さんが先週一杯で番組を降板。
エンディングは感動もの。
拍手を贈らずにはいられませんでした。
一番よく見る一番のお気に入りだった為にこの改編は非常に残念。

そして、年度末で土日も関係ないバタバタの間に乗鞍の申し込みが終了していた。
残念すぎる。

そして、納豆ケースの発泡スチロールのかけらを食べる娘を軽く叱ったら泣いた。
怒られていることが分かるようになった。
子供の成長は自分の自転車の成長と同じかそれよりちょっと面白い。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用