FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

6/15 つるつる温泉と和田峠

久しぶりに奥武蔵を抜けて白石峠TTの予定で朝6時出発。

しかし、青梅あたりでぽつぽつ降られあえなく退散。

それでも、坂な気持ちはなえずにうろうろしていると、つるつる温泉なる看板発見。
しかもよさげなアプローチ。

一気に心拍数も150bpmあたりまで上げて温泉を目指す。
温泉まではなだらかに登る走りやすい道。

しかし、温泉あたりからが劇逆だった。

全体が9.2kmで勾配は6.7% 32分40秒 175bpm
温泉手前から山頂までの3kmでちょうど10% 17分53秒(176bpm)と18分35秒(163bpm)

道は細いが、峠頂上で通行止めになって通り抜けできないので交通量が少く走りやすい。
ただし、落石は多いので降りは慎重に。

とても気に入ったので結局温泉前から2本。
良い場所に良い坂を見つけた。

さて、まだまだ時間はあるので次は和田峠。
8ヶ月ぶりだったのできつさを忘れていた。
距離3kmで平均勾配は11%。
数字以上にきつかったが、平均心拍数173bpmでそれなりに追い込んで終了。

最後は裏大垂水。
176bpmで12分06秒はベストを50秒短縮。
疲れていたわりには踏めた模様。
それでも10分台は遠い。
減量が重要というもの。

仕上げは、偶然出くわしたナルシマの登録選手っぽい人のに2車分はなれて追走。
おきなわペースで超きついく、高尾山の降口から立川あたりまでで平均心拍数170bpm程。

自分では平坦をここまで追い込めない。
おそらく私に必要なのはこのおきなわペースでの平坦走かもしれない。

135kmで1500mほど上昇。
帰宅してくたばって横になっていると左内腿が2秒ほどつった。
ずいぶん追い込めた。




スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

6/12 Outwet

ローラー台1時間強で、自転車の周囲はまさに汗地獄。

そんな中案外さっぱりしているのが上半身。

その秘密は新兵器のOutwetモノ。

outwet.jpg

アサヒで6,300円強と安くはないが、その吸湿性とさっぱり感はただ事ではない。
生地の表面は汗でべったりだが、肌にはそのべっとり感がほとんど感じられない。

夏のジャージの下にアンダーモノを着る着ないでどちらが快適かという議論があるが、これならば間違いなくきたほうが快適だろう。
今までは、Craftの3000円くらいのcool dry系を着用していたが、はっきり言って比較にならない程の優れもの。

半袖と長袖もそろえてフォーシーズン利用したいところ。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

6/9 腹いっぱい

255km走のクラブラン。

梅雨時の晴れの日曜日とあって、参加者合計で50名はいたのではないでしょうか。

走力ごとに簡単にわかれ、われわれは相模湖横の何チャラランドを下から回るアップダウンの激しい道を通って雛鶴へ。

出だしからきついのですが、大垂水で早速ちぎれました。
心拍数が150bpmを越えません。
付いていけるはずもなく、1分以上送れて下る。
皆を待たせてしまいすみません。

次は切捨てごめんとお願いして弱気ながら、温まれば踏めるはずとの一縷の望みを残してアップダウン開始。
やはり案外踏めはじめました。

雛鶴への入り口くらいからは先頭グループに加わる。
しかし、徐々に離され前には3人ほど。

少しずつ離されているが、心拍数は170bpmを越えているのでまだまだ踏めるはずとここで使い切るつもりで踏む。
平坦を踏んで登りで休む。
他の人と相当リズムが違う。

後ろも離れて単独走ながら、めげずに前を追う。
前に二人。

少しずつ近づく。
雰囲気的に饅頭やも近いので、そこまでには前に出るつもりで踏み倒すも20m及ばず終了。
脚も使いきれ、とても良い練習になりました。。
ということで、帰りはまったく付いていけず一人でとぼとぼ帰りました。

通常週末で255+115kmの370kmは過去最高距離。

これを半年間続ければ強くなりそうな気がする。

ただ、独り富士山一周はちょっと飽きてきたので、面白い250kmくらいのコースを探さないと。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

6/8 富士山一周

2度目の富士山一周。
前回と同じく反時計回り。
ただし、今回は独りで。

前回の集団走(といってもほとんどTさんの独り引き)と競争しながらほぼ同じペースで進むも途中でペースダウン。
というのも明日は雛鶴往復のクラブランが入りそうなので、多少なりとも楽しめるよう脚を残さねば。

ということで、心拍150bpmを越えないようにそーっと丁寧に走る。
脚の重さと体重でまわし、決して踏まないように。

それでもそれなりに進むので少しは成長している模様。
上りも軽いのは、きっとホイールをWH-R500からRacing-3に替え、サドルバックの重りも減らしているからだろう。

結局、前回の平均速度より1km/hほど遅い26.4km/hで255km、2,500m上昇を143bpmで完了。
心拍が低い割には良く頑張ったといえよう。
そして確かにまだ脚は残っているもよう。
ただし、当然疲れがあるだろうから、WU完了には2時間くらいはかかるかも。。

どれくらい走れるか楽しみだ。

6/6 疲労感

バローメーターは朝の中の北口、サンプラザへ向かう高架を階段で登りきった時点でどの程度乳酸チックな脚の重みを感じるか。

今はその乳酸度が半端ない。
その上に、今日は奇跡の3連続ローラー台トレーニングができた。
セルフマッサージでは拭い切れない疲労具合だが、明日の朝の乳酸度合いが楽しみだ。

きっと少しずつ強くなっているに違いない。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

6/5 家元

とにかく脚が重いがローラー台を1時間強。
脚の重さ具合を反映して数字もいたって低調。
34*15の負荷5の5分走でひーひー言いながら3本。
50*15の負荷5の2分走で1,000mに届かないこと辛抱して3本。

あまり乗れていなかった前ですら1,000m届いていたのに、それなりに乗れている今届かないのはなぜだ。

と思いつつ見ていたTV番組、奇跡の地球なんちゃらに昔の会社の同期が出ていた。
同期といっても3,000人もいたわけですが、その中でも異色だったお茶の家元の息子。

名前と顔を見て思い出した。
なつかしい。
脱サラして家元の座に収まったようで、最高級の玉露をうまそうに飲んでいた。
非常に良い顔をしていたのが印象的。
充実しているのだろう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

6/3 おしゃべり

ちょうど2ヶ月になった娘が良くしゃべるようになってきた。
ごにょごにょいうばかりで日本語にも英語にもなっていないようだが、なにやらいいたいことがあるらしい。

いっつも海外出張にご一緒させていただく取引先の大先輩に娘ばかり4人の大家族がいる。
その娘たちはというと、東大*2、京大*1、御茶ノ水*1という、桁外れに高学歴に育っているわけだが、秘訣を聞くと2点ほど。

一つは奥さんの影響。
娘は奥さんを見て、奥さんを目指して育っていくらしい。
その奥さんは京大卒で研究系だそうです。

二つ目は6ヶ月までにたっぷりと普通の言葉で話しかけること。
これならまねできそうということで話しかけては見るものの、案外話すことがない。
私の会話といえば自転車のことばかりで、今日は山中湖まで行ってきましたとか、途中で天気わるくなってしまいましたとか、道志みちで調子が上がってきたと思ったらパンクしちゃいました、とかそんな話ばかり。

しかも、返事が返ってくるわけでもなく、すぐに会話が行き詰ってしまう。
さすがに気まずくなるわけでもないが、一方的に話しかけるのもなかなか難しい。
この時点でだめなのか、、

ちなみに、この教えを説くその人自身は東大の博士号。
つまり夫婦で日本の東西の最高学府を制覇。

そりゃ血統でしょう、、と突っ込みを入れたくなるが、二つ目の秘訣くらいは害にならないだろうからトライしてみよう。
別に東大にいって欲しいというわけではないが、高学歴な人達には、好奇心旺盛で行動力がある人が多い印象があり、むすめも自分で何かと考え行動できる、いわゆる食える大人になってもらいたいので。
東大に行く能力がありつつ、その必要がないのであえて行かずに別のやりたい道を進むとか、かっちょええね。

まぁ、何でもいいから思いっきり打ち込める好きなことを見つけてもらえるように頑張ろう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

6/1 連光寺坂10本 聖蹟いろは坂5本

朝9時に帰国。

超快晴なので、すぐにでも自転車で飛び出したいが、嫁の病院の付き添い。

14時に帰宅するも眠くて動けず2時間寝ると、なんとか動けた。

16時半出発とあまり時間もないので連光寺坂を反復することに。

1.3kmで60m強上昇。
ここでいう連光寺坂とは聖蹟側のでかい交差点からのこと。
大東坂に似ていなくもないが、あちらのほうが車も少ないし、勾配もややきついし走りがいある。
なんて、ないものねだりをしても仕方がないのでとりあえず10本。
と思ったら1本足りてませんでした。おかしいなぁ、、
W000464.jpg
比較するタイムがないので、それなりに走れているのかさっぱり分からない。
感覚的には白石峠だと27分前半くらいな気がするのだが、、

その途中で、800mで50m登る聖蹟いろは坂を5本。
とおもってたら1本足りなかった。
W000465.jpg

このいろは坂が1.5kmくらいあると走り応えあるのだが、、
まぁ、170bpm越えを10本以上はできたからよしとしよう。