FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

1/19 負けられない闘い

今日は、初めて八重子さんのバーチャルパートナーを利用したトレーニング。

コースは滑川-寄居-熊谷から荒サイで川島-高坂という83kmで200m上昇。
相手は最大8mの強い北西風が吹き荒れたときにこのコースを走った1/17の自分

追い風に乗って、荒サイを45km/hで南下し、川島から高坂への北上では、強い向かい風で23km/h程度で苦しんだという、強風による極端な速度差が特徴だった日。

中一日空けて成長度を測る。
こないだは、けっこういい練習になった感じがしたので、今日は強くなっているはずなので負けたくない。
と、いきこんで出発。


今日の風は北西から2-5mとこないだの半分くらい。
荒サイを終わった川島の時点でリードしていれば楽勝できる。
ただ、今日の風では荒サイをこないだほどの高速巡航できないので、荒サイに入るまでに最低3kmくらいはリードしときたいところ。


初めてのバーチャルパートナー。
コースで、1/17の記録を選択して競争開始。
取説によると、一定速度の相手との競争しかかかれていないので、最初は半信半疑。
相手とは抜きつ抜かれつで、本当に1/17の自分と競っているのか確信が持てなかったが、物見山山頂過ぎの下りで、登りと同じ速度で走っていたら、相手がどんどん加速して差が開いているので、一定速度ではなく、過去の自分と競争できていることを確認。

鳩山側から清澄を超えた下りの途中で、フロントがクランク側(外側)にチェーン落ちで停止のAuto Stop作動。
すると、奴も停止。

再開すると、奴は下りの40km/hのままいきなりスタートするので、あっという間に差が開くから慌ててこちらも追いかける。
そこから、体の温まる月の輪辺りまではノーズツゥノーズの接戦。

月の輪から寄居までは、風の弱い今日の私が断然有利でぐんぐん差を広げる。
しかし、寄居から熊谷へ西走し、荒サイ入口でのリードは5分でたったの2.5km。

後、5分後には、奴も荒サイに乗り、40km/h以上の巡航を開始するので、それまでに差を出来るだけ広げたい。

ここから真剣に速度をあげるが、風が弱いため無理しない145bpm程度だと35km/h程度どまり。
それでも最大で、5分と3.2kmまで差が広がるが、そこから案の定、奴の猛追が始まる。


川島までの約30kmを逃げ切れるのか!?
10kmで1分の法則からいけば十分に勝算はあるが、それはあくまでプロの話。

案の定、そこから最初の5分で1分も縮まってしまった。
なんという速度差!!

吉見の休憩所でのアドバンテージは既に2分を切ってしまった。
更に悪いことに風が西から南よりに変わってきて、向かい風な風味。
33km/h辺りで目一杯。
速いメイン集団に追われる逃げの選手の気分とはこんな感じだろうか。。

桜堤を抜けて、奴はもう1分後ろまで迫ってきた。

気分はもう、ジロで逃げるアラシロ。
興奮してきたぁー。
しかし、気分だけではどうにもならず、Hondaヘリの遥か手前で捕まってジ・エンド。。。
速すぎて相手にならん、、、
バーチャルな相手だからスリップにも付けんし。。。


さらに、ガリガリにやせた野良犬に補給食の大福をあげている間に、差は4分。
川島の荒サイ出口では5分半も先行されてしまった。

川島のSPは取られたが、本当の勝負はこれから。
奴は、5m前後の向かい風に苦しみ、速度が20km/h強まで落ちているはず。

一方、風の緩い今日の私は、33km/hで追走できる。
残り、13kmで追いつけるか。

じわじわ差をつめ、表では3分、中山の交差点では1分まで差を縮め、戸守手前でついに捕まえた!

そこから脚を緩めずに、高坂のゴールまでに1kmにアドバンテージを広げて終了。

低レベルながら、抜きつ抜かれつの猛レースを楽しめた。


早く、ツール・ド・上野村200kmの29.6km/hを相手に勝負したいな。
今日の80km足らずのコースを27km/h強でしか走れない今の自分にとっては、相当な強敵だけど。。
というか、まだ相手にならんな。。
春までに何とかしたい。。。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Garmin様様

贅沢な話、今はGarminが2台体制。

今までさんざっぱら活躍してくれたForerunner305は、めったにしないRun用に。
新しい八重子さんことEdge800は自転車用として使用することに。

ただ、今までのデータ全てが前者の305で取得されたものなので、八重子さんに変更するにあたり、その誤差を理解しておかないと、今までの記録と比較できずに、練習の成果が正確に評価できない。

ということで、先週のロングライドを両方で計測し、そのデータを比較してみた。

結果は、走行距離と時間、故に平均速度に違いが出るが、SportTracksで処理することでその違いは許容範囲の誤差となることが判明。

まずは、2つの機器で測定し、それぞれの機器に表示されたそのままの数字。
設定は、共に4km/h以下でAuto Pause。
八重子さんには、ケイデンス0rpmを除外する設定。
WS000222.jpg
走行距離で1.5km、走行時間で3分50秒、平均速度で0.7km/h、平均心拍数で2bpmの違いがでた。
一方で、平均心拍数は同じ数字。
消費カロリーは倍以上違うけど気にしない。


次に、SportTracksに読み込んだときの数字。
WS000223_20110116175554.jpg
すると、距離で0.03km、時間で1分27秒に誤差が短縮。
平均速度と心拍数も全く同じ数字になった。
全く同じだったケイデンスが、逆に誤差0.1となったが、これは完全に許容範囲といえよう。

つまり、それぞれの機器での数値は許容できないほどに異なるが、SportTracksで管理している限りにおいて、その誤差は縮小され、殆ど同じ値が得られると考えてよさそう。

ただ、SportTracksのケイデンス計算がどうもおかしい。
SportTracksの「ケイデンスカットオフ」という設定を「1回転/分」としている。
0回転にすると、数値は更にさがって66.4となり、機器の数値と8近くも離れる。
機器の数値にするためには、「35回転/分」にする必要がある。

昨日の、平均100rpmを狙った3時間のトレーニング結果から見ると、これはSportTracksよりも機器の数値が信憑性が高いように見える。
下は、その昨日の時間とケイデンスグラフ。
WS000224_20110116182934.jpg
0rpmカットした八重子さんで計算した平均ケイデンスは103rpm。
SportTracksがどういう計算しているのか分からないが、「ケイデンスカットオフ」という設定を「1回転/分」にした時の平均ケイデンスは95.2rpm。
(ちなみに、ここでは「35回転/分」にしても101.6rpmにしかならない。)

八重子さんを信じたいが、一度、短いLapを取って調査してみる必要がある。


その他、八重子さんの獲得標高は相当水増しされている模様。
どこかこの辺に、評価に適した明確な標高が分かっている登りだけの2地点はないかしら。。

ということで、いくつか疑問点は残るが、八重子さんでの計測値は、いままでのデータとそのまま比較して問題なさそうなのでOKとしよう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

12/9 勉強不足

今日も八重子さんにコースを移植して、かるーく70km程走るつもりが、いざ走ってみると昨日の疲れがどっしり残っていて脚が動かないので平坦を40km。

それに、今日の八重子さんはちょっといけず。

コースはMapに表示してくれるし、コースを外れたらアラームで教えてくれるが、曲がり角等でナビしてくれない。

他にも問題が。
コースでナビしてくれないので、帰りは家を検索して目的地にしてナビしてもらおうと思ったら、高坂(元宿)が住所検索できない。
東松山までなら検索可能だが、そこから絞り込めない。
とある情報によると、丁目までは検索できるはずなのだし、元宿という地名は、地図に表示されているのに。。。
しーかたがないから、直接地図上で場所を指定。
ナビはしっかりしてくれたけど。

今回、設定したコースでナビをしてくれなかったことについては、ルートラボで経由地点を残したまま保存したせいかと思ったが、コース毎にナビのon/off設定があることに気付いた。

八重子さんを十分に理解するには、まだ日にちが掛かりそう。

明日は、飯能、名栗から奥多摩湖を超え、更に南下する予定。
もちろん、八重子さん無しでは良く分からんコース。
ありがたい。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

12/8 ヤァ!ヤァ!ヤァ!






Garmin Edge 800がやって来た。
名前は八重子さん。
800だから。。。

Garmin Edge 800 Perfomance Set JPY39,800 from Wiggle
SanDISK microSDHC 4G Class4 JPY1,500 from K'sデンキ
日本全国デジタル道路ナビ+10m等高線付 V3.0 [ダウンロード版] JPY17,850 from UUD
ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RC JPY1,900 from Amazon
しめて61,050円程。

最初は、今使っているForerunner305を使い切ろうと思ったが、これはこれでRunの時に使えるので、逆に使い切ってしまってはいけないことに気がついた。
ただ、自転車専用であればEdge500でもいいわけだが、奮発して八重子さんにした理由は、単純に走りを楽しむため。
楽しむだけに6万円って、大人って素敵って感じだな。

早速、英国から来た八重子さんのファームウェアを2.1にアップし(日本語化出来なくなるらしい)、LatLongで作成したルートを移植して出発。

Edge800.jpg
結構でかいし、2つの機器が物理的に干渉気味。
Flight Deckはまだ外せない。
Edge800-2.jpg
まだ、ギアの位置を知りたい。
特にメニューの時に便利。
麻雀で盲牌が出来たように、いつかギアの位置も分かるようになったら外そう。
盲牌には1年も掛からなかったような気がするけど、、、

WS000214_20110108201158.jpg
小川から児玉、秩父をぐるりと回る140km。
相変わらず走りは遅かったけど、事前に設定したローカルで牧歌的な秩父の道も、八重子さんのナビのおかげで勝手知ったる道のように迷わず走れた。
久しぶりに走るのが楽しかった。

その八重子さんの機能について、沢山あるうちから少しだけ紹介。
基本はこの画面。
110108_1.jpg
最大表示の10項目全部のデータ表示。
どこに何があるか慣れれば多すぎる情報量ではない。
この項目は3ページ分設定可能なので、周回トレーニング用のデータ表示も作れるわけです。

それと、この地図をマニュアルで切り替えている。
110108_4.jpg
西側から秩父ミューズパークへの登り口あたり。
地図や標高断面図、上のデータ表示やバーチャルパートナーを任意に選択して、順番に表示させることも可能。

他のページが表示されていても、曲がり角では地図表示に自動で切り替わり、距離と時間でしっかりと曲がることを教えてくれる頼れる八重子さん。
110108_3.jpg
ルートを外れるとビープ音で知らせてくれるし。
もちろん設定次第だけど。

それにしても、秩父ミューズパークってどでかくてきれいで相当整備された施設で驚いた。
道もきれいだし、アップダウンが合って走るのが気持ちよい。
入口と出口の勾配が15%を超えるし、ヘアピンがある以外は、途中の程よいアップダウンとワインディングが気持ちよく、舗装もよいからレースにもってこいって感じだ。

それにしても、ミューズって何の女神だっけか、、
石鹸?
シャロンストーンの映画でもミューズってあったな。

精度誤差は10m程あるようだが、今後みちびきが沢山上がれば改善されるだろう。
軍手でのタッチパネルの反応も問題ないのでストレス無しで使える。
ただ、昔買ったSONY CLIE用の液晶保護シートを張ったらちょっと反応が鈍くなったが許容範囲。

もぅ八重子さん無しのロングライドは考えられません。

ただし、問題がないわけではなくて、
・八重子さんは獲得標高1,500mといっていたが、SportTracksでは885m。
WS000213_20110108201159.jpg
このSportTracksの高度図が正しそうなので、900m位が妥当なところだろうか。
少し少ない気がするけど、、

・SportTracksで停止時間を除外してくれない。
上図の平らな部分が停止分。
Forerunner305の時はうまく除外して、ちゃんと停止時間として表示してくれたのだけどね。

Forerunner305と違い、八重子さんのデータは一度Garmin Tranning Centerを経由していることが影響しているか?
八重子さんは、きちんと停止時間を別で管理しているので、SportTracks Ver.3にして、直接データ受信すれば、この問題は解決するかな?
獲得標高の問題はどうにもなりそうにないのが残念すぎる。。。

・何故か、突然Reroute検索でルートと全然違う方向へ連れて行こうとする。
あまりにしつこいので、一旦ナビを停止させ、再開したら正常動作し、再発しなかったけど、これはLatLongで経過ポイントを削除して保存したのがまずかったかも。

・6時間強の使用でバッテリー残量が57%まで減った。
これでは、カタログ性能の15時間持たない。
途中、設定のためいじりすぎて、バックライトが沢山ついたせいかな。
まだまだ試したい機能が沢山。
その一つがバーチャルパートナー。
Forerunner305にも合ったが、情報が少ないので使ったことなかったが、今度は使えそう。
110108_5.jpg

特に、ツール・ド・上野村200km。
WS000215_20110108210021.jpg
7回目以降のデータがあるので、これらを相手に。

今日の140kmが25.4km/hだったので、12回目の平均速度29.6km/hではとても相手にならない。
まずは7回目の27.4km/hを相手にもんでもらおう。
それでも、相当差が着いてしまうだろうが、まずは何とかそこまで持っていこう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

待ちに待ってた標高データ追加

ついにGarmin様で取得した標高データをGoogle Map上に表示できた。しかも、たくさんの情報付でだ。下のScreenshotは2009/6/12の白石から正丸を下り笠山峠から西平へ戻ったときの高度と速度情報を表示したものだ。

白石-笠山from刈場坂

高さで標高を、色で速度を表している。青が濃いほど速度が遅く、濃い赤ほど速度が速いことを示している。
角度を変え、顔振峠方面のより低い位置からのぞくとこんな感じ。
白石-笠山from顔振峠
高度や速度変化、立体的に視覚的に一目瞭然だ。

白石峠を27分で登ったとすると、青い部分がより薄く、うまくいけば緑の部分が増えているはずというわけだ。

名栗-正丸-刈場坂from高坂
これは、名栗-正丸-刈場坂-都幾川90kmを自宅上空から眺めた様子。

刈場坂from299
これは299飯能側から刈場坂を眺めてみた。刈場坂にオーロラが舞っている。

一方、登りと降りを繰り返し、速度が変化が激しい奥武蔵グリーンラインでは虹のように美しい。
奥武蔵グリーンラインfrom青梅

取りためたGarmin様の主要ルートを表示するとこんな感じ。
Routes_asof090614.jpg
もっとたくさんの峠を走って、地図を虹で埋め尽くそう。

こんな、サイクリングを一層楽しませてくれるツールは、フリーソフト(Donation Ware)のSportTracks用フリープラグインのDobrou Extentionsだ。
WS000069.jpg

これらのソフトやプラグインのお陰で、170$で購入したGarmin様の価値は、その価格の数倍以上になっている。非常にお勧めだ。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

次のページ