FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

2015/7/4 収穫祭り

さて、野菜たちがじゃんじゃん育っております。
特に、ブロッコリーがこんなに大きくなるとは思いませんでした。
IMG_2346.jpg

ラピュタの天空の城は、この巨大なブロッコリーをベースにデザインしたに違いない。
IMG_2347.jpg

芯までびっちりで、もちろん味も甘みがして美味しいです。
IMG_2344.jpg

これ一株50円ですから、だいぶん得ですね。
スポンサーサイト



2015/06/08 ニンニク掘り

畑で防草シート張りをしていると、ご近所さんから声をかけられました。
これから、ニンニクの収穫に行くとのこと。

この秋にニンニクを作り、黒ニンニクにして販売したいと、以前話をしたので声をかけていただけました。

IMG_1548.jpg

120cm黒マルチに30cm間隔でしょうか。
葉っぱの下2枚が枯れたころが収穫時期だとか。
すでに2枚以上枯れこんでいるので少し遅めです。
雨の日は細菌が入り込むだとかで収穫できないので少し遅れたようです。

南アルプス特有の砂地に交じる石を何年もかけて徐々に取り除いていったようです。
片側を掘り、根を切り、傾けつつ引っ張り上げます。
IMG_1549.jpg

すると、こんな巨大な大蒜が!!
IMG_1555.jpg
ジャンボにんにくというようです。

IMG_1554.jpg
奥のニンニクは別の種類のようですが、それでもでかい!
すでに、ニンニク臭がぷんぷん漂ってきます。

ぎざぎざの葉のついた稲刈り鎌で根を切ります。
IMG_1561.jpg

葉も落として吊るして10日間ほど乾燥させます。
IMG_1563.jpg

娘も巨大な大蒜にびっくりして、若干腰が引けてました。
IMG_1575.jpg

種にして秋に植え付けようと思います。

2015/6/7 一難去ってまた一難

休みもなく連日早朝からえらく忙しい。

昨日は、朝の5時から畑の状況確認から始まり、晩7時45分まで防草シート張り。
今日は、朝6時からの農薬散布に始まり、晩7時30分まで防鳥と防風対策。
果樹も野菜も育っているうえ、問題山積で追いつきません。

大きな問題の一つが鳥害。
恐らく、この近辺をうろつき、田んぼの苗を踏みつけて水没させているカラスです。
しばらくおとなしかったのに、今朝の農薬散布時に4本ほど大きな新梢がやられているのを発見しました。
IMG_1463.jpg

ということで、農場横幅いっぱい60m程の両隅と中央に支柱を立て、釣り糸を張りました。
8m間隔で6列ほど張りました。

見えない何かが羽にあたる、カラスは怖がって近寄らなくなるようです。
効果があることを祈るばかり。

そうこうしているうちに早くも桃の季節です。
極早生の「ひめこなつ」という品種です。
市場にはあまり出回らないようです。
開花後2か月ほどしかたっていませんが、案外甘くておいしいです。
IMG_1540.jpg



2015/6/2 さくらんぼ。

今日は、朝いちばんから夕方まで乗用モアで草刈り。
1haくらい刈っただろか。そこまでいかんかな。
不均等にならんだ桃の成園なので乗用といえどコース取りが難しくハンドル操作が大変。
もちろん、パワステでないので、腕がしんどい。
そして、乾燥しているので砂埃が舞って大変だ。

ただ、休憩中には、完熟して早く食べてしまわないと落ちてしまうさくらんぼをたらふくいただく。
そして、お土産は500gパック2つ詰め込んでお持ち帰り。
IMG_1305.jpg

夕方5時からは、先日から引き続き桃の苗木に防草シートを張ってやります。
今日は16本。

そして、仮植え分の防草シート張り準備。
IMG_1310.jpg

娘含め、一族6人総出です。
連日の肉体労働で体がきついのも事実。
しかし、シャワー後のビールと取れたてのさくらんぼは最高にうまいです。

2015/5/31 防草シート張りました

思い切って防草シートを張りました。

投入作業人数 4名。
作業者年齢合計 237歳 
平均年齢 59.25歳
作業時間 2時間45分

一族総出で大変な作業でした。

防草シートは1m幅で100mを2本、マルチ止めはU字型を200本用意。
以前住んでいた和泉の実家の裏山にある国華園が結構値段が安いことを発見したのでインターネットショッピング。

防草シートは作業前に1m角に切り、中心から角に斜めに切り込みを入れておきました。
IMG_1085.jpg

まずは、防草シートを張る範囲の雑草を処理し整地。
IMG_1083.jpg
その後、一輪車三杯の水をたっぷりとあげます。
そして、方向をそろえて四隅と継ぎ目の中心部分をマルチ止めで止めて完成。
IMG_1241.jpg

今朝、ブドウ専門で就農した農大の先輩を訪ねた際、
水は上から与えるものではなく、根を張らせて下や横から吸収させるものだ。だから根元にビニールを張り、水分蒸発を抑え土壌に湿気を与えておくが、水はスプリンクラーでビニールの周囲からしみいるのを与えるのみ、という状況を教えを得ました。

毎日バケツ一杯程度の水をあげればよいものではないのです。
それでは、水が表面にしか浸み込まず、根も水を深くへ求めて伸びることはしないのです。

回数は少なくとも、水が地中深くまで浸み込み、広がるようにたっぷり与え、根がその水と養分を求めるような環境を作る必要があるのです。

特に、ブドウはむやみに水分を与えないようなのですが、根を広く深く生長させるという観点からいうと同じはずと考え、適用を決意しました。

そこで、協力を得たのが、おかんとおとんとあにき殿。

まずは、先発切り込み隊長のおとんが、地面を起こして雑草処理。
IMG_1237.jpg

そして、中継ぎのあにきが整地し、マルチ張りをセットアップ。
IMG_1238.jpg

そして、おかんがマルチを張って完了。
IMG_1234.jpg

私は、ひたすら一輪車で水をまいていました。
30本に3杯ずつなので、都合90往復。
平均して一往復で40mとすると、90往復で3600m。
一輪車1杯にするのに水路からバケツ3杯なので、バケツ汲み上げ270回。

家族総出で体を動かし、土をいじるのは楽しい限りです。
そこそこ疲れましたが、帰宅し、シャワーを浴びた後のビールがうまいこと!!

次は、加納岩白桃の1反分にとりかかります。
そして、防草シートの上から
これで葉だけでなく、根もしっかり張ってくれればいうことなしです。

引き続き頑張ろう!

ところで、2歳2か月になった娘がWという字を読めるようになりました。
初めて口にした言葉が 「おいしいぃ」
初めて読んだ字が 「だぶるゅー」
日本語より英語が先に読めるようになったのは見込みありですな。
何の見込みかは不明ですが、、
次のページ