FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/6/28 農林水産大臣賞の桃とは

訓練生の元師匠であり、かつて日川白鳳という品種の桃で農林水産大臣賞を受賞した果樹農家を訪問してきました。

化成肥料に頼らずに地力を高め、病気にも強く、糖度も高く、そして巨大な桃を育てる技術を持っておられます。
現地で食べた桃の糖度は、18度を超えていました。

この時期にして375gのこの巨大な桃をご覧あれ。
お土産にいただきました。
IMG_2190.jpg

枝が当たっているので商品としては厳しいですが、味には問題ありません。
IMG_2191.jpg

IMG_2192.jpg

枝が当たったところは、黒ずんでしまいます。
IMG_2193.jpg

巨大なうえ、糖度も高いのでいくつも食べれるものはありませんが、満足度は糖度と同様に高いです。
量より質ですな。
IMG_2195.jpg

いろいろな意味で、自分が目指したい農業を実現する技術要素が見えてきました。
なんとか自分のものにしたいところです。
こつこつ頑張ります。
スポンサーサイト

2015/6/26 初めてのジャム作り

梅雨らしい日が続き、標高700mを超える長坂にある農業大学校での雨の中のブドウの摘粒や袋掛けは、作業中肌寒いくらいでした。

さて、桃もすっかりシーズンが始まり、市場にも出回っている多少はメジャーな品種である「ちよひめ」を使ってジャムを作ってみました。

千代姫だろうが何だろうが、私にとって初めてのジャム造りです。

ということで、まずは実験なので材料は約200gの桃4個。
桃の糖度は10から11度というところでしょうか。
レモン汁、そして白ワインと白砂糖です。
IMG_2120.jpg

ももは包丁でなく手剥きです。
IMG_2122.jpg

そして1cm強角に切り、レモン汁大さじ1杯、砂糖大さじ3杯、白ワイン大さじ3杯程度を加え弱火で煮込みます。
IMG_2126.jpg

桃の皮を茶袋に入れて煮込みたいところでしたが、無いのでこんな感じで風味づけ。
IMG_2127.jpg

弱火で40分程煮込みましたが、思ったより形が崩れないので、ヘラで切りながら、最後に強火で水けを飛ばして出来上がり。
IMG_2129.jpg
もも4つでビン一つ分でした。

甘みと酸味が絶妙で売り物にない新鮮さを感じる!!
ということで、さっそくヨーグルトに合わせてみました。
IMG_2130.jpg

IMG_2131.jpg
見た目は、豆腐にエノキのビンのやつを載せたような感じ。
そして、味の方はといえば、はっきり言って今一つ。
ヨーグルトとジャムの酸味がかぶってしまって殺しあっています。
これは使えません。

ということで、トーストに乗せてみました。
冷凍した1斤80円の安物8枚切り食パンのトーストが激ウマに感じれば大成功というところ。
IMG_2132.jpg

激ウマとは言えませんが、少なくとも100円ジャムの比ではない美味しさでした。
しかし、改善の余地は山盛りです。
例えば、
・もう少し桃の食感を残したい。強火にして早めに水を飛ばすといいかな。
・酸味を弱めに。最初は桃の酸味かと思ったが、レモン汁の酸味なので量を減らす。
・桃の香りを強く。皮をしっかり使う。

まずはこのあたりでしょうか。
しかし、目指すべき完成形の味をイメージ、つまりヨーグルトに合うものか、トーストに最適化させるか、万能型を目指すのかなどを決めきれていないので、そのイメージを固めることを並行して進めよう。

2015/6/17 ブルーベリーのち醸造用ぶどう

今日は、山梨県の先進ブルーベリー農家を視察したのち、個人的に友人を通じて韮崎は穂坂の醸造用ぶどう生産農家を訪ねました。

いろいろな技術や経験談、経営について伺った後、さらにお土産までいただきました。
IMG_1834.jpg

2014年穂坂で取れた甲州というブドウを、中央葡萄酒株式会社ミサワワイナリーにて醸造してできたオリジナルワイン「おらんとうのワイン」です。
IMG_1833.jpg
「おらんとう」とは、「うちの」という意味のようです。

将来、私がつくったぶどうでもオリジナルワインを作ってみたいものです。
ぼちぼち、名前とラベルを考えよう。
その前に農地をさがさんといかんのですが、、、

帰宅後は、家庭菜園でとれたてのオクラを冷奴の薬味に、ズッキーニは湯がいて酢味噌和え、そしてキュウリは味噌をつけてかぶりつき。
IMG_1832.jpg


贅沢です。

2015/5/8 日本農業新聞

日本農業新聞から新聞が送られてきました。

IMG_0699.jpg

先日、電話取材を受けましたが入学の8日後ようやく記事になったようです。

個人の活動として、新聞沙汰になったのはキャンプ結婚式をした2011年依頼です。

次は、果樹農家として記事になりたいところです。

3/26 果樹農家として

東京で桜が見頃を終えるころ、サラリーマン生活に終止符を打ち、果樹農家になるために山梨県南アルプス市に移住することになりました。

これまでは、自転車中心のブログでしたが、昨年は夏前から胃をやられ、食事も食べれず精神的な余裕もなく、それでも海外出張は続き、レースへの参戦どころかほとんど自転車に乗らない生活においやられ、ブログの更新もほとんど滞り、このブログへの訪問者もすっかり減っておりました。
今は、徐々に乗り始めていますが、以前の状態になるまでには、少なくとも半年はかかるでしょう。

自転車に乗れない間、今後の人生でやりたいこと、家族や仲間との過ごし方を考え、果樹農家で生計を立てるという目標を見つけ、住む土地と仲間を見つけることに時間を使ってきました。

一年弱という短い時間に、、農業を生業にしよう、就農しようと考えた時にぶつかる様々な困難や障害、しがらみに出くわしてきた一方で、偶然にも支援してくれる協力者にも出会うことができ、近々サラリーマンを卒業できるところまでたどり着きました。

私がこれまでの活動の中で、同様な事を考えている若者からおじさんは、全国的に見れば少なくなさそうでした。
また、同様の活動をしている人の中には、なかなか諸条件が揃わずに初めの一歩が踏み出せない人も少なくないようでした。
なので、その都度情報発信しようと思いつつも、仕事の関係上なかなかおおっぴらに記録として公開できませんでしたが、これから徐々にこれまでの取り組みと、これからどうやって農業で食っていくのかということについて、今までの自転車競技での成長記録同様、駄文ながら共有していきたいと思います。

そのうち、農園名も決め、ホームページとしてこのブログも巻き取っていこうかと思っていますが、まずはお知らせまで。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。