FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

5/26 第二回 ヤビツ峠TT 

目標は38分。

結果は、
40分6秒 76rpm 180bpm

少なくとも40分は切りたかった。
ゴール直前でStopボタンを押したくなったりするが、その暇も無くもがいてゴール。

ハード面はいつもの練習仕様で9.5kgから10kgくらいだろうか。
重くても走れるときは走れる。

ソフト面は最初からレース仕様。
名古木交差点からのスタートも無理して抑えることなく脚の動きに任せて走り出すと、あっという間に170bpm越え。
アプローチで60km走っているので体は完全に温まっている。

白石峠なら完全に後半垂れるケースだが、今までもレースで早くから心拍数があがっても脚が軽いときは無理して抑えなくても何とかなったのでそのまま無理して抑えることなく走る。

ヤマザキで信号ストップ。この信号TTには邪魔ですな。
急坂区間でも回っていたので、完全に追い風効果。
このころは、36分くらいでるのではなんて思っていた。

平坦はギア掛けてスタンディングで加速。
心拍は上がるが、半分過ぎても脚はそれほど重くないので、そのまま。

8kmくらいで短い急坂がいくつか。
残り2kmくらいからが長い。
長いが9km地点で32分。
40分切りは間違いないと思っていたが甘かった。

ここから平均勾配6.3で2.6kmに9分19秒もかかって40分6秒。
心拍数は落ちなかったが、脚がついてこなかったか。。。
おそいなぁ、、、
WS000407.jpg

心拍数を見ても目一杯も目一杯。
WS000408.jpg

40分を切って一人前といわれる中で、まだ一人前にすらなれないこの状況では、美ヶ原へのエントリーがためらわれる。
かといって乗鞍は直前まで海外で練習なしでのファンライドになるので、今年のヒルクライムなチャンスはタイミング的に美ヶ原だけ。

あと一ヶ月しっかり乗れそうなので、成長を期待してエントリーするかなぁ、、、
でも、この辺からは、普通に乗ってても成長はないし悩ましい。

その後、もう一本走ろうか迷ったが、TTする気力はなく、裏におりて湖へ。
そこから牧馬峠を越えた。
勾配きついけど、みちは悪くないし、田舎だし素敵なところ。
相模湖まで延々続くアップダウンを楽しくサイクリング。
いいところだなぁとつくづく思う。

和田峠を回ろうか迷ったが、勾配がきつすぎて34*23では脚が回らず心拍も上げれんと思い、ロードレース設定で大垂水を選択。
心拍を160bpm以下に落とさぬ負荷で。

裏大垂水峠4.0km 13分45秒 173bpm 76.9rpm

その後も落とさず、家までの27kmを50*11縛りで平均154bpmで平均30.4km/h。
最後はハムストリングスが攣りそうになるくらいまでがんばってみたが、信号ストップが多すぎてこんな数字。

以前の街での27kmといえば、東秩父から家までで、その間の信号ストップなんて数えるほどなのだが、、、

結局152kmで1,736m登って144bpmとそこそこがんばれた。
明日は近場の周回へいってみようかな。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用