FC2ブログ

Global Kudamono Programme (仮称)

リーマンから果樹農家への転身を目指す自転車乗り

Monthly Report 2011年2月~4月

昨年11月のハムストリングス肉離れから地道にトレーニングをこなし、ほぼ回復した3月中旬には過去最高の記録をローラーでたたき出すも、大震災により川越が中止、ぎっくり腰、転職、残業、休日出勤、風邪と自転車には完全に向かい風な環境が続き、いまだに腰には不安が残る。

走行距離は散々。
WS000256_20110505210414.jpg

獲得標高にいたっては、1日で登れてしまうほどの数値。
WS000257.jpg

それでも、3月半ばには1周ながらも鳩山耐久コースで50*11縛りで新記録。
なんかいい具合に踏めてる気がした。
WS000258.jpg

これを支えたのが2月から取り組んだローラー台。
WS000255_20110505210415.jpg
結構乗ったつもりでも3月の22時間が最高。
でも、この程度でも強くなれるのだからローラー台はすごい。

その後、3/20にぎっくり腰。
コルセット無しで自転車に乗れたのが、4月20日過ぎだったか。

次のレースまで一月しかないが、ローラー台を集中して出来れば、それなりに走れるようになる気がするのでがんばろう。
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Monthly Report 2011年1月

ハムストリングス肉離れから完全回復したと思いきや、まだまだ変に痛みや違和感を感じつつも、次第に高強度訓練に耐えられる脚と心肺機能が出来てきたことを感じさせる1年のはじめであったといえよう。

走行距離 1,628km
WS000227_20110204102440.jpg

獲得標高 8,989m
WS000228_20110204102440.jpg

長距離を走り始めて、好調だった去年の1月(1,900km走って19,000m登ってた)と比べるのはこくな話だが、今月の初めには心拍140bpmあたりでアップアップだったのが、165bpmあたりで走れるようになったのだから大きな進歩。

ペダリングやダンシングの仕方も思い出してきたし、多少高回転でまわせるようにもなってきた。

まだ、特に走りはじめに右ハムストリングスにゆるい痛みが出たりするが、再発の心配はなさそうな感じ。

でも何かが足りなくてツール・ド・上野村200kmが走れない。
持久力か、集中力か、忍耐力か、、

それでも、LSDするだけでなく、鳩山耐久コースや鳩山高速サーキットでのメニューも出来るようになってきたので、2月の前半は、LT付近での練習を中心に、心拍とLT向上を図り、脚に問題が無ければ、ガリビエ峠とラルプデュエズの反復練習、そして物見山サーキットでパワーと回復力向上を図ろう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Monthly Report 2010年10月

9月に立てた10月の目標は、無休憩で距離を走りつつ、ぎりぎりの高度強で走れる距離を伸ばす練習。
毎回走るたびに目一杯走って筋肉をしっかり破壊し、走るたび強くなっていくイメージ。

ということで、10/3と31には名栗-秩父大周回120km。
10/17と23にはツール・ド・上野村200kmをノンストップで限界を超えると思えるまで追い込みつつ走った。

走行距離 1,485km。
WS000191.jpg
獲得標高 14,317m。
共に普通。

ただ、強度が全然違う。
強度を心拍数で示すと、ツール・ド・上野村200kmではついに平均心拍数が150bpmを超えた。
平均速度も目標としていた30km/hまで後0.6km/hまで迫った。
WS000192_20101111213750.jpg

名栗-秩父大周回では、平均心拍154bpmで30.14km/hを達成。
WS000193_20101111213748.jpg

これら高強度トレの前の10/9雨の富士チャレンジ200では平均心拍154bpm。

強くなっているというか、思いっきり追い込めている実感はあった。
しかし、やりすぎて肉離れ。

まだ、体ができていなかった模様。
そして、サドルが少し高かったかせいもあるような気がする。

すでに11月も半ばでツール・ド・おきなわ210km目前。
今月はこのレースのみで、後は回復に徹することになりそう。

12月からは前半はLSD、後半は様子を見ながら再び強度を上げていく。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Monthly Report 2010年9月

富士チャレを控えて2,000km走りたかった9月だが、前半は残暑がきつかったこともあり目標達成ならず。

走行距離1,319km
WS000170.jpg
これは普通だな。
この普通が1,600kmくらいにもっていきたいな。

獲得標高13,568m
WS000171.jpg
これは低めだな。


おきなわの前哨戦と位置づけている富士チャレに向けて距離のあるアップダウンを中心とした練習をした模様。

月前半は、乗鞍後の体調の変動、特にむやみな筋肉痛や日常生活での意味不明の脚つり等で苦しんだ。

中盤から意識的に食事の量を増やして、久々のツール・ド・上野村200kmを過去最高の記録で走るなど、調子が上がってきたところでぎっくり腰。

まぁ、10/9の富士チャレまでには回復できたけど、調子を上げたまま維持するのは難しいな。


9/12にはチーム物見山の練習会にも参加させていただき、一人ならなかなか出来ない高強度練習ができた。

その後、都合が会わず全然参加できていないが、その後も高強度、かつ長距離を意識して、だらだら距離を乗らずに、鳩山耐久コース等しっかりメニューをこなすメリハリのあるトレーニングを実践中。
よって休養も多くて、8日間の完全休養。
ちょっと休みすぎか?とも思うが、むやみには休まないのでこんなもの。

10月の目標は無休憩で距離を走りつつ、ぎりぎりの高度強で走れる距離を伸ばす練習。
毎回走るたびに目一杯走って筋肉をしっかり破壊し、走るたび強くなっていくイメージ。

さぁ、おきなわが近づいてきたぞ。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Monthly Report 2010年8月

8月の目標は、つべこべ言わず乗鞍でのタイム1時間5分台で8位以内。

目標達成は叶わず。
しかし、モチベーションは下がらず。

8月の走行距離は1,196km。
WS000148.jpg
前半は2,000km/月で推移していたが、テーパリングのため意図的に距離を制限した。
しかし、改めてみると、1,300kmが平均的な走行距離。
これは、ちょっと少ないかも。

獲得標高は18,313m。
テーパリング中も強度維持のためそれなりに登った。
WS000149_20100901121219.jpg

兎に角力不足。
今のままでは11月のおきなわ210kmは完走すら危ういと思われる。

まずはパワーが足りないと思われるので継続して重いギアで踏む。
そして、ラルプデュエズや周回練習をメインに距離と強度の両方を確保する。

今月は2,000kmを目指してみよう。

といっている割には、初日の今日から早速完全休養。
特に左内側広筋の筋肉痛が酷く、内股近辺の筋肉の張りもひどい。
サロメチール効果で明日には練習を再開したいものだ。

そして、はやく涼しくなってくれればよいが、、

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

次のページ